チームの招待と研修

チームの招待と研修
< 戻る / 次へ >

チームの招待と研修

Evernote Teams を設定したら、次は Evernote Teams の導入を通達し、その活用に役立つ情報やサポートを提供します。

チームを招待してアカウントへの参加を求める

ユーザの追加

Evernote Teams アカウントへの参加を促す招待状は管理者コンソールから送ります。

  1. 左側のメニューにあるユーザの追加をクリックします。
  2. 招待するユーザそれぞれのメールアドレスを入力します。
  3. 招待状を送信する準備ができたら、招待をクリックします。

Evernote Teams アカウントに参加する方法が記載された招待状がそれぞれにメールで送信されます。

注: 2017 年 10 月 3 日より前に作成された Evernote Teams アカウントには、Evernote Teams アカウントへの自動承認を設定する機能が備わっています。詳細はこちら >>

招待状のステータスを確認する

招待状のステータスの確認は、管理コンソールの「ユーザの管理」ページで行います。受信した招待状の受諾を忘れている同僚がいれば、再送信することができます。招待を取り消すこともできます。

研修計画を作成する

招待状を送ったら、メンバーが Evernote のサービスを把握できるように、追加情報を共有しましょう。役立つ文書やガイドを紹介するのと同時に、以下のようなトピックを網羅した説明会を計画することをおすすめします。

  • チームの共有ワークスペースとして Evernote を利用するにあたっての目標と期待
  • 導入の日程とスケジュール
  • ワークスペースの設定と命名規則
  • 今後のサポートとその他の参考情報
  • 「ライブデモ」。たとえば以下のような具体的なシナリオで、Evernote により現在のコミュニケーションやワークフローがいかに向上されるか、順を追って説明します。

シナリオの例

  • 課題: 外回りの営業チーム。社外でも重要なノートやプレゼン、スプレッドシート、または販促資料に即座にアクセスする必要がある。また、客先での会議でノートを提示したいが、使用する端末はその都度異なる。
  • 解決策: 営業チームが使用するすべての端末に Evernote をインストールする。それにより、あらゆる営業資料にも即座にアクセスでき、また共有スペースでノートを一元管理できる。

活用ガイドやチュートリアル、継続的なサポートを提供する

Evernote アプリ内や「ヘルプ&参考情報」の記事には、チームの参考となる「スペースの参考例」が用意されています。他にも次のようなリソースが利用できます。

その他の参考情報

使い方のヒントや関連情報、サポートを総動員して Evernote Teams を最大限にご活用ください。

LANGUAGES_PRODUCT