カレンダー設定を管理する

カレンダー設定を管理する
< 戻る / 次へ >

カレンダー設定を管理する

カレンダー設定

Evernote for Mac、Windows、Web でカレンダー設定にアクセスするには、左側のナビゲーションメニューの一番上に表示されるお客様のユーザ名の横の「設定」ボタン(歯車アイコン)をクリックし、「環境設定」>「カレンダー」の順にクリックします。

ウィジェットからカレンダー設定にアクセスするには、カレンダーウィジェットの右上の「その他のオプション」ボタン(点線)、「カレンダー設定...」の順にクリックまたはタップします。

事前に書式設定されたノート

リンク済みノート内のカレンダーの予定

カレンダーウィジェットで作成されたノートは、デフォルト設定で、カレンダーの予定の詳細を含むテンプレートで事前に書式設定されます。アクションアイテムとノートのセクションもテンプレートに含まれており、ノートでの配置を変えたり、ノートから削除したりできますが、テンプレート自体を変更することはできません。

事前に書式設定されたノートを無効にし、毎回空白のノートを開くには、トグルを「無効」に切り替えます。

カレンダー通知機能

Evernote から、予定に応じて議事録の作成や既存ノートの表示を促すリマインダー通知が届くようになりました。

カレンダーの予定の通知は、その予定の開始直前、開始時、終了直後に受け取ることができます。そのため、議事録やメモを取り忘れたり、事前に用意した確認し忘れたりすることがなくなります。

詳細については、カレンダーの予定に関する Evernote からの通知を管理するをご覧ください。

アカウントを管理

アカウントを管理」をクリックまたはタップすると、アカウント設定の「連携サービス」ページに遷移します。ここでは、Google カレンダーアカウントを連携または連携解除できます。詳細については、Google アカウントの追加と削除をご覧ください。

よくある質問

Google カレンダーとの連携に関する詳細はどこで確認できますか?

詳細については、「Evernote + Google カレンダー」の概要をご覧ください。

LANGUAGES_PRODUCT