名刺の連絡先に連絡

名刺の連絡先に連絡
< 戻る / 次へ >

名刺の連絡先に連絡

名刺をスキャンした後は、もう 1 枚スキャンするか、その人物に連絡を取ることができます。

メール、SMS または電話で連絡

Evernote を使って名刺から連絡先ノートを作成すると、ノートにあるメール(封筒)、電話(受話器)または SMS テキスト(吹き出し)のボタンをタップするだけで相手に直接連絡することが可能になります。

自分の連絡先情報をメール送信(iPhone・iPad・iPod touch)

注: 新しい Evernote for iOS ではこの機能をサポートしていません。

相手のメールアドレスが名刺から検出された場合、そのメールアドレスに自分の連絡先情報を送信できます。

  1. 「名刺を保存しました」というメッセージ画面で「連絡先情報をメールで送る」を選択します。
  2. ノートの下部にあるオプションメニューで、「自分の情報をメールで送信」を選択します。

注: この機能を使用して送信される個人の連絡先情報を表示・編集するには、アカウントタブに移動し、「設定」 > 「カメラ」 > 「名刺」 > 「自分の情報を入力」を選択してください。

新しい連絡先を簡単に保存

注: 新しい Evernote for iOS ではこの機能をサポートしていません。

スキャンした名刺の連絡先情報をモバイル端末の連絡先へ保存するには、2 つの方法があります:

  • 自動(iPhone・iPad・iPod touch): スキャンした名刺をすべて保存するには、アカウントタブから 「全般」 > 「カメラ」 > 「名刺」 をタップし、「連絡先に保存」をオンにします。
  • 手動: iOS 版の場合は、連絡先ノートのオプションメニューで「連絡先に保存」をタップします。Android 版の場合は、スキャンの完了時に表示されるメニューで「連絡先に保存」をタップします。

名刺の保存先として設定されているノートブックを変更することができます(iPhone・iPad および Android)。また、既定のタグを付けることも可能です(iPhone・iPad のみ)。アカウントタブ(iPhone・iPad)またはナビゲーションメニュー(Android)から「設定」 > 「カメラ」 > 「名刺」をタップし、「ノートブック」または「タグ」から設定を変更してください。

注: Microsoft Exchange では、iOS の連絡先で使われる「電話」「メイン」「その他」などの一部のラベルがサポートされていません。連絡先にこれらのラベルが含まれている場合は、まず最初に連絡先をデバイスに保存してから Exchange と同期させると、Exchange にて「会社」または「会社の電話」というラベルが割り当てられます。さらに、Exchange サービスでは iOS で作成された連絡先に対して「携帯電話」が 1 つまで、「会社」や「自宅」などの番号もそれぞれ 2 つまで、といった制限があります。そのため、制限を超える数の電話番号が Evernote によって検出された場合、Exchange による任意のラベルが割り当てられます。

LANGUAGES_PRODUCT