検索機能の概要

検索機能の概要
< 戻る / 次へ >

検索機能の概要

概要

刷新された Evernote の検索体験では、これまで以上に豊富な機能を 新しい Evernote for MacWindowsiOSAndroid、および Web でご利用いただけます。

主要な機能:

  • 検索の予測候補。検索フィールドへの入力時に検索候補が表示されます。
  • 検索フィルタ。タグ、チェックボックス、添付ファイルなどで検索結果を絞り込めます。
  • 自動修正。入力ミスしても大丈夫。検索機能が句点(ダッシュ、アンダースコア、アポストロフィ)などを自動修正して正しい語句で検索されます。
  • 保存した検索条件: 複雑な検索条件やよく使用する検索語句を基に「保存した検索条件」を作成できます。

検索の予測候補

検索の予測候補ドロップダウンリスト

検索の予測候補は検索ボックスをクリックまたはタップしたときに表示されるドロップダウンリストに表示されます。検索ドロップダウンには 検索の予測候補、移動、フィルタ、保存した検索条件の 4 つのセクションがあります。こういった予測候補は、以前の検索や最近のアクティビティなど、さまざまな要素を基に関連する内容を予測するアルゴリズムにより実行されます。

検索の予測候補

検索の予測候補には左側に顕微鏡アイコンが表示されます。検索ボックスをクリックまたはタップすると、検索の予測候補がドロップダウンリストの最上部に表示されます。予測候補をクリックすると、予測候補の検索を実行します。

移動...

このセクションでは特定のノートとノートブックの候補を提案します。候補を選択すると、対象のノートやノートブックを直接開けるため、お探しの内容を素早く確認できます。

フィルタ

検索フィルタを使用すると、特定の種類のコンテンツを素早く検索できます。使用できる検索フィルタは以下のとおりです。

  • 住所
  • 添付ファイル
  • 日付
  • メールアドレス
  • チェックボックス
  • PDF ファイル
  • プレゼンテーション
  • 画像
  • リスト
  • 電話番号
  • URL
  • Web クリップ

対象のコンテンツを持つノートがあると、こういったフィルタが検索ドロップダウンに表示される場合があります。また、フィルタ名を入力し、フィルタ名をクリックまたはタップすることでフィルタを適用することもできます。対象のコンテンツを持つノートがない場合は、フィルタが表示されませんのでご注意ください。

保存した検索条件

保存した検索条件が新しい Evernote Web でもご利用いただけるようになりました。ご利用の端末で保存した検索条件が Evernote とすでに同期されている場合は、検索ドロップダウンの一番下に表示されます。

保存した検索条件を新規作成するには、検索を行い、ノートリストパネル上部の「その他の操作」ボタン(点線アイコン)をクリックまたはタップして、「検索条件を保存...」を選択します。保存した検索条件の名前を変更する、またはすべて削除するには、保存した検索条件を使用して検索し、ノートリストパネルの点線アイコンをクリックまたはタップして、「保存した検索条件を編集...」または「保存した検索条件を削除」を選択します。

保存した検索条件がない場合、検索ドロップダウンにこのセクションは表示されません。

よくある質問

古い検索機能に戻すことはできますか?

いいえ、できません。ただし、文字を入力し、Enter キーを押して結果を見るというシンプルな検索機能はそのまま継続してご利用いただけます。新しい検索機能では、探している内容が見つかりやすくなります。

フィルタを使用して検索結果を絞り込むにはどうしたらいいですか?

フィルタを使用するには、検索ボックスにフィルタ名を入力して検索ドロップダウンから選択します。著者、タグ、添付ファイル、チェックボックスなど、幅広いフィルタをご用意しております。

検索履歴を確認するにはどうすればいいですか?

検索履歴を直接確認する方法はありませんが、検索の予測候補には検索履歴が反映されます。

高度な検索構文は継続して利用できますか?

はい、高度な検索構文は、新しい検索機能でもご利用いただけます。

LANGUAGES_PRODUCT