ユーザのアクティビティ履歴を確認する方法

ユーザのアクティビティ履歴を確認する方法
< 戻る / 次へ >

ユーザのアクティビティ履歴を確認する方法

アクティビティ履歴のスクリーンショット

アクティビティ履歴は、Evernote Business の管理者がビジネスアカウントで行われている変更内容を確認できる機能です。この機能は 2017 年 10 月 3 日以降に作成されたビジネスアカウントでご利用いただけます。アクティビティ履歴には、過去 18 ケ月の詳細なアクティビティが記録され、レポートを作成することも可能です。レポートには一度に最大 90 日間分のログを含めることができます。またアクティビティ履歴を検索することも可能です。履歴には、ノートの作成や削除といったユーザアクション、アクションを行ったユーザの名前、メールアドレス、IP アドレス、大まかな位置情報、使用している Evernote のバージョン、使用 OS(該当する場合)が含まれます。

アクティビティ履歴を確認する方法

Evernote Business 管理コンソールにアクセスする:

  • Evernote for Mac: メニューバーからヘルプ > 管理コンソールを選択します。
  • Evernote for Windows: 左側のパネルの下部にある管理コンソールボタン(キー)をクリックします。
  • 新しい Evernote Web: 左上の自分のユーザ名をクリックし、メニューから管理コンソールを選択します。
  • Evernote Web クラシック: 左側のパネルの下部にある管理コンソールボタン(キー)をクリックします。

左側のメニューでセキュリティの下にあるアクティビティ履歴を選択します。

アクティビティ履歴の表示、検索、エクスポート

アクティビティ履歴検索のスクリーンショット

履歴を表示したい日付範囲を選択し、アクティビティを表示をクリックすると、その期間のアクティビティがすべて表示されます。あるいはアクティビティ履歴内で検索を行うこともできます。

  1. 日付範囲を選択します
  2. その他のオプションを表示をクリックします
  3. 検索条件(名前、メールアドレス、ノートの題名・内容)などを入力します
  4. アクティビティを表示をクリックします

目的のアクティビティ履歴が表示されたら、エクスポートをクリックすると CSV ファイルとしてダウンロードすることができます。ダウンロードした CSV ファイルは任意のスプレッドシート用アプリで開くことができるため、高度な並び替えや絞り込みが必要な場合に便利です。


よくある質問

アクティビティ履歴ではどのようなイベントが追跡、記録されますか?

Subject Events
Note created, deleted, renamed, shared, unshared, moved, attached file
Notebook created, removed, deleted, renamed, published, unpublished, shared, unshared, user joined
User added, deactivated, signed in, signed out, sign-in failed, joined business, invited user
Admin added user, deactivated user, changed user role, deleted note, deleted notebook
Space created, permanently deleted, renamed, user joined, user left, updated visibility
Tag created, permanently deleted, renamed, tagged a note, untagged a note
Misc added seats to account, reset quota

オフライン時のアクションも追跡されますか?

オフライン時に行われたアクションは、そのユーザがオンラインに接続し、アカウントが同期された時に記録されます。その場合、オフラインのアクション(=イベント)のタイムスタンプは実際にイベントが発生した日時ではなく、アカウントが同期された 日時となります。たとえばユーザがオフライン時にノートを削除した場合、その「ノート削除」というイベントは、ユーザがオンラインに接続するまでアクティビティ履歴には表示されません。また、そのノート削除のタイムスタンプはユーザがオンラインに接続した日時となります。

ユーザがアクションを行った後どのくらいでアクティビティ履歴に反映されますか?

アクティビティ履歴はリアルタイムのモニタリングシステムではありません。発生したイベントは通常 10 分~ 15 分でアクティビティ履歴に反映されます。システムへの負荷が大きい場合、ユーザーがオフラインの場合、あるいは接続状況が不安定の場合は、履歴の更新や検索結果に遅れが出る場合があります。

アクティビティ履歴はどのくらい前までさかのぼれますか?

アクティビティ履歴には過去18ケ月のアクティビティが記録されます。ただし、アクティビティ履歴機能がサーバに実装されたのが 2018 年 6 月 11 日のため、それ以前にさかのぼることはできません。

誰がアクティビティ履歴を確認できますか?

2017 年 10 月 3 日以降に作成された Evernote Business アカウントのアカウント管理者が確認できます。

ユーザは自分のアクティビティを追跡することができますか?

いいえ。Evernote Business アカウントの完全なアクティビティ履歴を確認できるのは、そのビジネスアカウントの管理者のみです。個々のユーザはアクセス履歴から自分のアカウントのアクセス履歴のみを確認することができます。

アクティビティ履歴に他の種類のイベントも含めるようにリクエストすることはできますか?

現在アクティビティ履歴に含まれていないイベントで、今後含めてほしいものがある場合、Evernote 担当者またはサポートチームまでご連絡ください。その際、ご希望の追跡内容とその利用目的について詳しくお知らせください。

LANGUAGES_SUPPORT

キーワード:

  • サーバログ
  • ユーザ履歴
  • ユーザアクティビティ追跡
  • 履歴ログ
  • トラッキングログ
  • 監査ログ
  • アカウントログ