Mac および Windows でスケッチを作成する

Mac および Windows でスケッチを作成する
< 戻る / 次へ >

Mac および Windows でスケッチを作成する

マウスを使用して手書きのノートを描き、作成しましょう。指またはスタイラスペンでタッチスクリーン対応端末に直接描くこともできます。写真や音声ファイル、添付書類などに、図表や手書きのメモを追加することもできます。Evernote ではノート内の手書き文字も認識されるので、後から検索するのも簡単です。

スケッチが便利な場面:

  • 授業や講義のノートに図表を追加する
  • オフィスや自宅のリフォーム案を書き留める
  • アプリの画面または Web ページ向け UI のデザインを考える
  • 動画の絵コンテを作成する

スケッチを追加する

ノートにスケッチを追加するには、ご利用のオペレーションシステムで以下の手順を行ってください。

  • Mac

    1. 編集モードで開いたノートで、ノートエディタに表示される青のプラスアイコン (+) をタップし、「スケッチ」をタップします。
    2. 画面左側にスケッチ用のツールが表示されます。ペンまたはマーカーを選択して、マウスでスケッチを始めます。
    3. 完了」をタップして保存します。スケッチは、PNG 画像ファイル (.png) として保存され、他のデスクトップ端末やモバイル端末でダウンロードしたり、編集したりできます。
  • Windows

    新しい Evernote for Windows

    1. 編集モードで開いたノートで、ノートエディタに表示される青のプラスアイコン (+) をタップし、「スケッチ」をタップします。
    2. 画面左側にスケッチ用のツールが表示されます。ペンまたはマーカーを選択して、マウスでスケッチを始めます。
    3. 完了」をタップして保存します。スケッチは、PNG 画像ファイル (.png) として保存され、他のデスクトップ端末やモバイル端末でダウンロードしたり、編集したりできます。

    以前のバージョンの Evernote for Windows

    1. 「ファイル」 > 「新規ノート」 > 「新規インクノート」をクリックします。
    2. 画面上部にスケッチ用のツールが表示されます。ペンまたはマーカーを選択して、マウスでスケッチを始めます。
    3. スケッチが新規インクノートとして保存されます。
      

    スケッチツールの機能

    インクノートのツールバー

    スケッチノートには手書きのノートを編集・カスタマイズするための専用のツールバーが用意されています。

    • Snap-to-Shape tool図形: 手書きの図形を正確な形に整えます。
    • Pencil tool鉛筆: 丸いペン先で手書きすることができます。
    • Pen toolペン: 角度のあるペン先で手書きすることができます。
    • Cutter toolカッター: 線や図形を削除します。
    • Selector tool選択: 選択範囲の拡大縮小、縦横比の変更、移動、削除ができます。
    • Stroke width線の幅: 鉛筆、ペン、カッターの太さを変更できます。
    • Stroke color線の色: インクの色を変更できます。
    • Paper color用紙の色: 用紙と罫線の色を選択できます。罫線なしの白紙にするには、用紙の色罫線の色を両方白にしてください。

    LANGUAGES_PRODUCT

    キーワード:

    • 手書き
    • 手書き
    • 手書き
    • 描画
    • 描く
    • インク
    • インクノート
    • 手書き
    • スケッチ