ノートを作成する

ノートを作成する

ノートを作成する

Evernote にコンテンツを保存すればするほど、チームにとっての利用価値が高まります。全員で使うことによって、他のメンバーが気付いたことや入手した情報を発見しやすくなり、プロジェクトに関連するノートを簡単に共有したり、見つけたりできるようになります。

初心者用コンテンツをノートブックに追加する

ノートブックの基本的な運用ルールが決定し、ビジネスノートブックおよびビジネスタグをいくつか作成したら、作成したノートブックにコンテンツを追加していきます。関連性のあるノート(使用している場合はタグも)をあらかじめ入れておくと、他のメンバーも参加してノートを追加・編集していくうえでの指針にもなります。

ノートブックとタグの作成、およびコンテンツの保存などの初期準備を行うことにより、社内のメンバー全員がすぐに Evernote Business を活用し始めることが可能になります。

サンプル

ノートとは、その名が示すとおり、後で必要になりそうな情報を書き留めたものです。ノートには、ほぼあらゆる種類のコンテンツを保存しておけます。

すべての最新情報を一ヶ所に集約

プロジェクトでは、過去のプロジェクトで使用した企画書を土台にしたり、社内で集めたリサーチ結果や参考文献など、様々な種類の情報が集まります。Evernote Business はすべての情報の保管場所および共同作業をするワークスペースとなり、プロジェクトに参加しているメンバーは必要な情報をいつでも参照することができます。

すべての情報を一ヶ所に集約

Evernote Business に保存できるコンテンツの例を以下に挙げます。

  • プロジェクトの工程
  • Web から保存した記事
  • 写真
  • 作成中の原稿
  • 予算管理のためのスプレッドシート
  • アクションアイテムが記載された、ミーティングの議事録

ミーティングに出席した際は、Evernote アプリのドキュメントカメラ機能を使ってホワイトボードの写真を撮影しましょう。そうすることで、話し合った内容を後から Evernote で再確認できるようになります。また、位置情報も記録されるので、Evernote 内で検索する時に見つけやすくなります。

既存のコンテンツを Evernote に追加する

既に会社にあるコンテンツを Evernote にノートとして追加するのは簡単です。チームが日常的に作成、収集、共有、参照しているコンテンツは、ファイル形式を問わず Evernote に追加できます。

Evernote では、文書やスプレッドシート、プレゼン資料、PDF、スキャンした書類など、ファイル形式を問わず保管できます。ファイルをノートに直接ドラッグするだけです。

既存のコンテンツを追加する

Evernote Business に保存するコンテンツの例(職種別):

  • ソフトウェア開発者

    • ミーティングの議事録
    • 仕様書
    • 試作品・モックアップ
    • 画像
    • リリース日時
  • プロダクトマネージャー

    • Web クリッパーで集めた記事
    • タスクリスト
    • ブレーンストーミングで書き出したアイデアを撮影した写真
    • プロジェクトの工程、主要な期日
  • 上級幹部

    • スタッフやマネージャーからの進捗報告書
    • 年次評価

新規ノートを作成する

ノートの保存先となるノートブックを選択します。

単純なテキストノートの作成から始めます。

  • Mac

    手順 1: ノートを作成

    1. 左サイドバーから「ノート」メニューを選択します。
    2. + {既定のノートブック名} 内にノートを作成」ボタンをクリックします。
    3. ノートを後で探しやすいようにタイトルを付けます。
    4. ノート内をクリックし、カーソルが表示されたら、テキストを入力します。
  • Windows

    手順 1: ノートを作成

    1. 左サイドバーで「ノート」を選択します。
    2. 画面上部の「+新規ノート」ボタンを選択します。
    3. ノートを後で探しやすいようにタイトルを付けます。
    4. ノート内をクリックし、カーソルが表示されたら、テキストを入力します。
  • iPhone・iPad・iPod touch

    手順 1: ノートを作成

    緑色の「+」ボタンをタップしてノートを作成します。

  • Android

    手順 1: ノートを作成

    緑色の「+」ボタンをタップしてノートを作成します。

  • Web

    手順 1: ノートを作成

    サイドバーの「+」ボタンをクリックしてノートを作成します。

ノートに違う種類のコンテンツを追加する

編集するためにノートを選択・タップすると、ノートエディタに利用可能なオプションが表示されます。

  • ファイルを添付する(どのファイル形式でも可)

  • チェックボックスを追加する

  • 箇条書きリストおよび番号付きリストを追加する

  • カメラロールから写真を追加する

  • カメラまたは Web カメラで写真を撮る

  • 音声を録音する

また、太字・フォントサイズ・マーカーなどの簡単な書式ツールも利用できます。

ノートに書く方法の詳細はこちら

「ビジネス」と「個人」のノートについて

ビジネスノートの所有者は会社なので、仕事のために作成したすべてのノートはビジネスノートブックに保存してください。ビジネスノートブックに入れただけでは、自動的に誰でも閲覧できるようにはなりません。ビジネスノートブックは、社内で共有するまではあなたと会社の Evernote Business アカウント管理者のみがアクセスできます。

個人のノートは、非公開のままであり、仮に退職しても自分のアカウントに残ります。

各ノートを個別にビジネスノートブックに移動する

ノートをノートブックに移動させる手順は通常通りです。ノートブックリストが表示された際に、会社のアカウント名をクリックするとビジネスノートブックも表示されるようになります。

 

チュートリアルビデオ

Evernote のノートに書く方法 | Windows | Mac

メールを Evernote に転送する方法 | Windows | Mac

Web ページを Evernote に保存する方法 | Windows | Mac

Evernote でファイルを保存する方法 | Windows | Mac

印象笔记入门指南-随时记录一切 | Windows | Mac

印象笔记入门指南-保存邮件到印象笔记 | Windows | Mac

印象笔记入门指南-使用印象笔记•剪藏保存网页 | Windows | Mac

印象笔记入门指南-保存文件到印象笔记 | Windows | Mac

LANGUAGES_SUPPORT LANGUAGES_INCLUDE=it,tr

ビデオ (%{current} / %{total}) を再生中
ビデオ (%{current} / %{total})