カメラを向けてスキャン

カメラを向けてスキャン

カメラを向けてスキャン

  1. 原稿の真上にカメラをかざし、全体が画面に収まる範囲内で、カメラをできるだけ原稿に近付けます。すると、Scannable によって対象が自動的に検出されます。
  2. スキャン対象の上に青色の四角形が表示されたら、カメラがぶれないように安定させて、円形のカウントダウンタイマーが 1 周するのを待ちます。
  3. スキャンが完了すると、画像の余白、明るさ、コントラスト、明瞭度が自動的に最適な状態に調整されます。
  4. スキャントレイのサムネイルをタップすると画像が拡大表示され、状態を詳細に確認できます。その画面から画像の名前を変更することもできます。
 
 

手動スキャン

手動スキャンでは、Scannable の自動検出を待たずに、任意のタイミングで自分でシャッターを切れます。オプション(点線)ボタンをタップすると、撮影モードを切り替えられます。シャッターボタンの下にある「X」をタップすると、手動スキャンが無効になり自動スキャンに戻ります。

Scannable の手動撮影
 

ヒント: 手動でスキャンする場合は、シャッターボタンをタップする瞬間にカメラがぶれないようご注意ください。

 

上手にスキャンするためのヒント

名刺スキャンのヒント

色やサイズなどが異なる書類、レシート、名刺などを上手にスキャンするには、次のヒントも参考にしてください:

  • 手動でスキャンした画像がぶれている場合は、シャッターボタンをタップした瞬間にカメラがぶれている可能性があります。その場合は自動スキャンをお試しください。
  • 自動スキャンのメリットを最大限に引き出すには、原稿を対照的な明るさの背景に置く必要があります。たとえば、明るい色の書類であれば暗い背景に、暗い色の書類であれば明るい背景に置きます。
  • 明るく均等に光が当たるような場所(多数のライトの下、または間接的な光の下)で撮影してください。光沢のある名刺の場合は、端末を少し傾けてフラッシュの反射を避けてください。
  • スキャン時には、スキャン対象の四辺が画面内にちょうど収まるように、カメラとスキャン対象の距離を調節します。
  • モバイル端末を縦向きではなく横向きに持ってスキャンします。
  • カメラを傾けて撮影する時は、原稿を置いた平面に対して 20 度以上傾いていないことを確認してください。
 

ScanSnap Evernote Edition スキャナで直接スキャン

ScanSnap の画像

Scannable があれば、オフィスや自宅で 1 台のスキャナを全員で共有しながら使うことができます。ScanSnap Evernote Edition スキャナを Wi-Fi ネットワークに接続すると、自分の Scannable アプリから直接操作できるようになります。

ScanSnap Evernote Edition スキャナを使用するには、次の手順に従います:

Scannable のカメラが起動した状態で、スキャナボタン(S のアイコン)をタップします。Scannable で ScanSnap が検出されたら、使用するスキャナを選択します。するとスキャンが開始され、スキャン画像が Scannable のスキャントレイに追加されます。

ScanSnap の検出

 

ScanSnap Evernote Edition スキャナの詳しい使い方はこちら

LANGUAGES_SUPPORT LANGUAGES_INCLUDE=tr,da,nl,fi,it,pt

ビデオ (%{current} / %{total}) を再生中
ビデオ (%{current} / %{total})