スマートフォンで名刺を Evernote にスキャンする方法

スマートフォンで名刺を Evernote にスキャンする方法
< 戻る / 次へ >

スマートフォンで名刺を Evernote にスキャンする方法

Evernote 連絡先ノート

Evernote なら、出会った人に関する情報を簡単に記録することができます。名刺用のカメラ機能を使うと、名刺の鮮明な画像がキャプチャされ、以下の情報とともに連絡先ノートに保存されます。

  • 氏名、役職、会社名、その他連絡先情報
  • 名刺の画像
  • プロフィール写真および LinkedIn のプロフィール情報(取得可能な場合)

名刺スキャンは、Evernote プレミアムの機能です。

名刺カメラの使用方法

名刺スキャンを開始する

開始

スキャンを開始する方法:

  1. 端末をインターネットに接続します。
  2. ホーム画面の「+」ボタンを長押しすると表示されるカメラアイコン(iPhone・iPad・iPod touch の場合)、または + > カメラ(Android の場合)をタップします。
  3. 名刺の四隅がカメラに収まるように調整します。名刺の検出、ピント調整、および撮影はすべて自動で行われます。
    注: 名刺が自動検出されない場合は、右上にあるボタンをタップして「自動モード」をオフにしてください。
  4. 名刺が撮影されると、Evernote はその名刺から読み取ったすべての情報を表示します。LinkedIn にログインしており、名刺から読み取ったメールアドレスが、いずれかの LinkedIn プロフィールと一致する場合は、Evernote はその連絡先に関する情報を追加で取得します。
 

開始

スキャンを開始する方法:

  1. 端末をインターネットに接続します。
  2. ホーム画面の「+」ボタンを長押しすると表示されるカメラアイコン(iPhone・iPad・iPod touch の場合)、または + > カメラ(Android の場合)をタップします。
  3. 名刺の四隅がカメラに収まるように調整します。名刺の検出、ピント調整、および撮影はすべて自動で行われます。
    注: 名刺が自動検出されない場合は、右上にあるボタンをタップして「自動モード」をオフにしてください。

名刺が撮影されると、Evernote はその名刺から読み取ったすべての情報を表示します。

 

連絡先情報を確認および編集する

名刺にある情報が正確に取り込まれたことを確認してください。一致する LinkedIn プロフィールが見つかった場合、Evernote はそのプロフィールから追加情報を取得します。

名刺にある情報が正確に取り込まれたことを確認してください。

スキャンした情報を編集するには、以下の手順に従います。

  1. 編集する項目をタップします。
  2. iOS 版の場合は「保存」をタップし、Android 版の場合はチェックマークをタップします。すると、名刺の情報が Evernote に新規の連絡先ノートとして保存されます。他の名刺も続けてスキャンしたい場合は、iOS 版では「カメラに戻る」をタップし、Android 版では「もう一枚スキャン」をタップします。スキャンを終了する場合は「完了」をタップします。
 

上手にスキャンするためのヒント

 

名刺は、サイズも色もレイアウトもさまざま異なりますので、以下はあくまで参考情報に留めてください。

  • 名刺スキャンは現在、iPhone、iPad、iPod touch、および Android 端末で利用可能です。iPhone 3GS、iPad 2、およびそれ以前の機種でも動作しますが、最良の結果を得るためにも、フラッシュ機能と高解像度のカメラを搭載した端末のご使用をおすすめします。
  • 自動撮影機能を使用する場合は、名刺を対照的な明るさの背景に置きましょう。明るい色の名刺なら暗い背景に、暗い色の名刺なら明るい背景に置きます。こうした一工夫は、古い iPad や iPod touch など、カメラの解像度が低い端末を使用する際に、特に重要になります。
  • できるだけ明るく均等に光が当たる場所(複数の照明の中間、または間接的な照明の下)で撮影しましょう。光沢がある名刺の場合は、スマートフォンを少し傾けてフラッシュの反射を避けます。
  • Evernote はノートを作成した場所や日時などの情報も記憶しますから、誰かに出会った時はなるべく早く名刺をスキャンすると、後から検索も簡単になります。
  • 名刺の裏面をスキャンする方法(iPhone・iPad・iPod touch の場合): 上記の指示に従って名刺をスキャンした後に、作成されたノートを開きます。画面右上の「編集 」をタップし、下へスクロールしてから「名刺の裏面を追加 」をタップします。注: 現在、この機能は iPhone、iPad および iPod touch のみで利用可能です。それ以外の Evernote アプリをお使いで、名刺の裏面を追加したい場合は、裏面を別のノートにスキャンしてから、Evernote for Mac・Windows・Web のいずれかで 2 つのノートをマージしてください。

連絡先とつながる

名刺をスキャンした後は、もう 1 枚スキャンするか、その人物に連絡を取ることができます。

メール、SMS、または電話で連絡する

Evernote を使って名刺から連絡先ノートを作成すると、ノートにあるメール(封筒)、電話(受話器)または SMS テキスト(吹き出し)のボタンをタップするだけで相手に直接連絡することが可能になります。

自分の連絡先情報をメール送信 (iPhone・iPad・iPod touch)

相手のメールアドレスが名刺から検出されると、そのメールアドレス宛てに自分の連絡先情報が送信できます。

  1. 「名刺を保存しました」というメッセージ画面で「連絡先情報をメールで送る」をタップします。
  2. 連絡先ノートの画面上部にあるオプションメニューで、「自分の情報をメールで送信」をタップします。

注: この機能の使用時に送信される個人の連絡先情報を表示・編集するには、アカウントタブに移動し、設定 > カメラ > 名刺 > 自分の連絡先情報を選択してください。

新しい連絡先を簡単に保存

Evernote でスキャンした名刺の連絡先情報を、携帯端末の連絡先へ保存する方法には、以下の 2 通りがあります。

  • 自動(iPhone・iPad・iPod touch): スキャンした名刺をすべて保存するには、アカウントタブから 全般 > カメラ > 名刺 をタップし、「連絡先に保存」をオンにします。
  • 手動: iOS 版の場合は、連絡先ノートのオプションメニューで「連絡先に保存」をタップします。Android 版の場合は、スキャンの完了時に表示されるメニューで「連絡先に保存」をタップします。

名刺の保存先として設定されているノートブックを変更することができます(iPhone・iPad および Android)。また、既定のタグを付けることも可能です(iPhone・iPad のみ)。アカウントタブ(iPhone・iPad)またはナビゲーションメニュー(Android)から設定 > カメラ > 名刺をタップし、ノートブックまたはタグから設定を変更してください。

注: Microsoft Exchange では、iOS の連絡先で使われる「電話」「メイン」「その他」などの一部のラベルがサポートされていません。連絡先にこれらのラベルが含まれている場合は、まず最初に連絡先を端末に保存してから Exchange と同期させることで、Exchange で「会社」または「会社の電話」のラベルが割り当てられます。さらに、Exchange サービスには、iOS で作成された連絡先について「携帯電話」は 1 つまで、「会社」や「自宅」などの番号はそれぞれ 2 つまで、といった制限があります。そのため、制限を超える数の電話番号が Evernote によって検出されると、Exchange による任意のラベルが割り当てられます。

LinkedIn に連携

スキャンした名刺から抽出された情報をもとに、連絡先情報(名前、メールアドレス、電話番号など)、LinkedIn プロフィールのリンクと写真、メモ欄などが含まれた「連絡先ノート」が作成されます。名刺のすべての情報が検索可能なデータとして Evernote に保存されます。

LinkedIn 連携について: 相手と LinkedIn 上でつながっていなくても問題ありません。自分の LinkedIn アカウントを Evernote に連携させておけば、自動的に相手のプロフィール情報と写真を取得します。名刺をスキャンした後に、LinkedIn のつながりリクエストを申請するか、自分の連絡先情報を送信するか(iPhone・iPad・iPod touch)、相手の連絡先情報を自分のスマートフォンのアドレス帳に保存するかを選択することができます。

Evernote アカウントを LinkedIn に連携するには、iOS または Android 端末の Evernote アプリで名刺の写真を撮影してください。撮影すると、アカウントを連携するオプションが自動表示されます。また「設定」>「カメラ」>「名刺」を選択して手動で LinkedIn を連携させることもできます。スキャンした名刺のメールアドレスと一致する LinkedIn プロフィールが存在する場合、以下のいずれかの方法により、Evernote から LinkedIn のつながりリクエストを送信できます。

  1. 名刺をスキャンしてノートに保存します。保存したら「LinkedIn でつながる」をタップします。
  2. 既にスキャン済みの名刺がある場合: iPhone、iPad、iPod touchの場合は、その名刺のノートを開き「プロフィールを表示」をタップしてつながりをリクエストします。Androidの場合は、その名刺のノートを開き「LinkedIn でつながる」をタップします。

LANGUAGES_SUPPORT

キーワード:

  • 名刺
  • 名刺を追加
  • 連絡先
  • 両面の名刺
  • 裏面
  • 連絡先情報
  • 両面をスキャン
  • 名刺スキャン
  • 両面をスキャン