ノートブックで整理する

ノートブックで整理する
< 戻る / 次へ >

ノートブックで整理する

ノートブックで整理する

ノートブックは Evernote でノートをカテゴリや場所情報、目的別に分類して整理するのに最もよく使われる方法です。たとえば、「家の改築」や「学校の課題」というノートブックをそれぞれ 1 つずつ作成し、内容に応じてノートを各ノートブックに振り分けておくと、後から情報を見つけやすくなります。

例えば、以下のような用途でノートブックを作成できます。

  • 会社のプロジェクト
  • 旅行の計画
  • クリエイティブ系プロジェクト
  • 会社のリソース
  • レシート
  • 契約書やその他の文書

ノートブックを作成する方法に関する詳細は、ノートブックを作成するをご覧ください。

ノートブックで常に整理整頓しておく方法

Evernote では、新規アカウントを作成した際にノートブックが 1 つ用意されています。ノートブックを追加していくことで、自分やチームのノートをその内容に応じて整理することができます。

ノートブックは以下の方法で整理すると便利です。

  • プロジェクト、製品、部署、イベントごと
  • 顧客、会社、取引先ごと
  • プロジェクトの進捗や製品開発サイクル (例:「ブレスト」「デザイン」「開発」「テスト」など) ごと
  • 毎週、毎月、四半期ごと、または毎年の納期や目標ごと

ノートブックで常に整理整頓しておく方法

プロジェクトや目標、または日々の業務のプロセスによって、ビジネスコンテンツの最適な整理の方法は異なります。それぞれのチームや部署に合った方法を見つけましょう。

  • オフィスのペーパーレス化

    整理や保管が難しい紙の書類をデジタル化して情報をノートブックに保存すれば、それらの情報をどこからでも検索したり、アクセスしたりできるようになります。

    • 書類、レシート、請求書、名刺などをスキャンして別々のノートブックに保存。
    • プロジェクトに関するメモやメールも、そのプロジェクト専用のノートブックに保存。
    • 画像コンテンツ、ミーティングのメモ、プロジェクトのスケジュールなどをノートブックに整理して、チームメンバーや社内全体と共有。
  • チームのクリエイティビティを刺激

    クライアントとのコラボレーション、アイデアやインスピレーションの共有、進行スケジュールの一元管理も簡単です。

    • インターネット上で見つけたアイデアを Web クリッパーで収集して Evernote に保存し、必要に応じて編集。
    • 計画書、デザイン、草稿などに注釈を書き込んで、視覚的にフィードバックを交換。
    • プロジェクトの提案書、スケジュール、仕様書などを、社外の関係者と共有。

その他のヒント

ノートブックに関するさらなるヒントにつきましては、以下をご参照ください。

  • ビジネス用および個人用ノートブックの整理: ノートをビジネス用と個人用のノートブックに分けて整理できます。詳細
  • 関連するノートブックをスタックで整理する: 関連するノートブックを「スタック」としてグループ化することで、より分かりやすく整理できます。スタックは自分だけに表示され、共有はできません。詳細
  • 構造をわかりやすく整理する: ノートやノートブック、そしてタグの命名規則を決め、コンテンツをわかりやすく整理しましょう。詳細

LANGUAGES_PRODUCT