会社の Evernote Business アカウントに参加する方法

会社の Evernote Business アカウントに参加する方法

会社の Evernote Business アカウントに参加する方法

Evernote Business は、情報の収集、共有、そして検索をすばやく簡単にし、チームの生産性を向上します。

Evernote Business アカウントのメンバーになるには:

  1. 会社の Evernote アカウントに参加します。
  2. ビジネス用のメールアドレスを追加し、ビジネスプロフィールを作成します。
  3. お使いの端末に Evernote をインストールします。
  4. ビジネスホームを閲覧して、共有されたビジネスノートブックを自分のアカウントに追加します。
  5. ビジネス用のコンテンツの作成を始めます。
 
 

1. 会社の Evernote アカウントに参加する

まず以下の 2 点について確認してください。

  1. 会社に Evernote アカウントが存在することを確認します。 注: Evernote Business アカウントが存在しないようであれば、社内の IT 部門または専任の Evernote アカウント管理者に問い合わせてください。アカウント管理者は、アカウントの作成がまだであれば、会社のアカウントを作成してください。

  2. Evernote アカウントが存在する場合は、アカウントに参加するための招待状の送信を依頼します。

会社の Evernote アカウントに参加する方法

既存の Evernote アカウントをお持ちの方でも、Evernote が初めての方でも、Evernote Business の全機能を利用するには、会社の Evernote アカウントに参加する必要があります。そのためにはまず、会社の Evernote アカウントへの招待状に記載された手順に従ってください。招待状を受信していない場合は、招待状の送信を依頼してください。

a. 招待状がある場合

アカウント管理者から、Evernote アカウントへのメールによる招待状を受信したら、「招待状を受諾」をクリックします。

b. Evernote アカウント管理者からの招待状を受信していない場合

メールの招待状を受信してない場合は、社内の Evernote アカウント管理者に問い合わせてください。アカウント管理者が、会社のアカウントについて自動承認するように設定している場合は、その会社のメールアドレスで登録することができます。

注: 会社のメールアドレスとして入力したものが別のアカウントで使われているという旨のメッセージが表示された場合は、以前、個人用または別の会社用に Evenote アカウントを作成する際、そのメールアドレスを使用した可能性が高いと思われます。そのメールアドレスを使用している Evernote アカウントにサインインして、アカウントに関連付けられているメールアドレスを変更すると、当該のメールアドレスを使って新しいアカウントが作成できるようになります。

アカウントのログイン用メールアドレスを変更する方法に関する詳細はこちら

 

Evernote にログインして Evernote Business にアップグレード、または新しいアカウントを作成する

既存の Evernote ユーザとして参加するか、新規アカウントを作成します。

招待メールを受けとったらメールに記載のリンクをクリックして招待を受諾します。このとき、既存の Evernote アカウントでログインするか、アカウントを持っていない場合は、新しいアカウントを作成するかする必要があります。

a. 既に Evernote ユーザの場合

すでに Evernote を使用している場合は、「既存の Evernote アカウントを使用する」をクリックし、既存の Evernote アカウントにログインして、必要な項目に入力します。勤務先の Evernote アカウントに参加すると、個人のアカウントは自動的に Business アカウントにアップグレードされます。

会社の Evernote Business アカウントに参加する際、既存の Evernote アカウントをアップグレードする(新しいアカウントを作成するのではなく)利点には以下が含まれます。

  • アップロード容量が増量されたり、ノートをオフラインでも利用できるようになったり、Evernote Business ならではの機能・特典が利用可能になります。
  • 個人のノートは自分のみが閲覧できる状態のまま、同じアカウントでビジネスと個人の両方のノートを作成・検索できるようになります。

b. 新たに Evernote ユーザになる場合

新規のユーザの場合は、新しい Evernote アカウントを作成する必要があります。個人のメールアドレスと氏名をフルネームで入力し、パスワードを設定したら、「Business に参加」をクリックします。作成した新しいアカウントは自動的に、ご勤務先の Evernote アカウントに参加します。

 
 

2. ビジネス用のメールアドレスを追加して、ビジネスプロフィールを作成する

会社の Evernote Business アカウントに参加した後は、ビジネス用のメールアドレスを追加します。これにより、ビジネスノートを共有する時にビジネスメールアドレスが表示されるようになり、個人のメールアドレスは表示されなくなります。

ビジネス用のメールアドレスを追加する

ビジネス用メールアドレスを追加するには、「Evernote Account 設定」>「セキュリティ概要」を順に選択します。

ビジネスプロフィールを作成する

ビジネスプロフィールは、自分自身についてや、現在どういったことに取り組んでいるのか、といった簡単な自己紹介です。他のユーザが Evernote Business のホーム画面でプロフィールを閲覧しているときに表示されます。ビジネスプロフィールを設定することで、社内で情報や知識の検索・共有がより簡単になります。

ビジネスプロフィールを作成するには、「Evernote Account 設定」>「ビジネスプロフィール」を選択します。

プロフィールの編集

ビジネスプロフィールの編集

表示されたプロフィール

他のユーザのプロフィール表示例

 
 

3. Evernote をすべての端末にダウンロード & インストール

お使いの端末すべてに Evernote をインストールすると、どの端末でもノートや Web クリップ、ファイル、画像などを作成して同期できるようになります。

  • スマートフォンで写真を撮影・アイデアを記録して、後でコンピュータから確認
  • ノート PC でノートを作成・契約書を添付しておき、移動中にタブレット端末で確認
  • コンピュータで出張の予約確認や日程表をクリップしておき、現地で Web ブラウザからログインして詳細を確認

すべての端末に Evernote をインストールする

同じメールアドレスとパスワードで Evernote にログインすれば、Evernote をインストールした、いずれの端末からでもノートの作成と同期がスムーズに行えます。

Evernote をダウンロード

Evernote のダウンロードお使いのコンピュータやモバイル端末に Evernote をダウンロードしてインストールします。

アカウントにログイン各端末から Evernote アカウントにログインします。

 

4. ビジネスホームを閲覧して、共有されたノートブックをアカウントに追加する

ビジネスホームでは、勤務先の Evernote アカウントで共有されたノートやノートブックすべてが閲覧できるだけでなく、同僚のプロフィールも表示できます。ビジネスホームにアクセスするには、サイドメニュー、またはお使いのスマートフォンのホーム画面に表示されている、勤務先の Evernote アカウントの名前をクリックします。

共有ビジネスノートブックにノートを追加したり、そこに保存されているノートを変更したり、または共有ノートブックをオフラインで表示したりするには、ビジネスホームの「+ 参加」ボタンをクリックします。参加中のノートブックは、ご利用の Evernote アカウントに表示され、Evernote がインストールされている、すべての端末で確認することができます。

 

5. ビジネス用のコンテンツを作成する

1. 大事な仕事関連のコンテンツ(たとえば、研究、議事録、領収書)を整理する、新しいビジネスノートブックを作成します。

2. そのビジネスノートブックに新しいノートを追加します。

ビジネスノートには、重要な仕事関連のコンテンツを何でも保存できます。Evernote Business により、情報やアイデアの記録や共有が簡単になります。

ノートブックとノートを作成する方法の詳細はこちら

使用例:

レシート/ 領収書の写真を撮影

Web クリッパーを使用して研究に関する記事を保存

スプレッドシート、レポート、PDF 文書を添付・共有

メールを直接 Evernote に転送して保存

LANGUAGES_ALL LANGUAGES_EXCLUDE=vi, th, ms, ar, id

キーワード:

  • ビジネス用メールアドレスの追加
  • 招待
  • 招待済
  • 参加
ビデオ (%{current} / %{total}) を再生中
ビデオ (%{current} / %{total})