Evernote Business FAQ(よくある質問)

Evernote Business FAQ(よくある質問)

Evernote Business FAQ(よくある質問)

この記事のトピック:

  • 一般的な質問
  • 初期設定
  • チームの Evernote Business アカウントの管理
  • セキュリティ
  • 請求および支払
 

一般的な質問

Evernote Business で分からないことがある場合はどうすればよいですか?

技術的なサポートの依頼や Evernote Business の活用法につきましては、以下をご利用ください。

  • Evernote ヘルプ&参考情報ページで回答を検索: ヘルプ記事、およびその他参考情報を参照できます。
  • サポートチケットを送信: 専任の Evernote Business 担当者がメールで問題解決のサポートをいたします。
  • 電話サポート(条件付き): ユーザ数が 10 名以上の場合、電話によるサポート対応もございます。

Evernote プレミアムと Evernote Business の違いは何ですか?

Evernote Business ではプレミアム版の全機能に加えて、共有のワークスペース、複数ユーザの管理、お支払いの一括請求などを含むチーム向けの便利な機能が提供されます。詳細はこちら >>

Evernote アカウントを既に持っているメンバーがいる場合は、どうすればよいですか?

2017 年 10 月 3 日以降に作成された Evernote Business アカウントの場合: 既に Evernote アカウントをお持ちの場合、そのアカウントは個人用としてそのままご利用ください。会社のアカウントに参加する際には、別のビジネスアカウント(つまり、2 つ目のアカウント)を作成していただくことになります。

2017 年 10 月 3 日より前に作成された Evernote Business アカウントの場合: 既に Evernote アカウントをお持ちの場合、それを使用して貴社の Evernote Business アカウントに参加するようにすることをお勧めします。個人のノートやノートブックはすべて、ビジネスノートやビジネスノートブックと隔てられ、プライベートな状態に保たれます。すなわち、たとえアカウント管理者でも、そのユーザ個人のノートやノートブックにアクセスしたり、コントロールしたりすることはできません。また、個人のノートやノートブックは、退社したとしても当該のユーザに帰属します。

チームの Evernote Business アカウントからユーザが脱退すると、そのユーザのノートやノートブックはどうなりますか?

ユーザが Evernote Business アカウントを脱退した場合、すべてのビジネスノートおよびビジネスノートブックは Evernote Business アカウントに帰属するため、そのユーザは直ちにビジネスノート・ノートブックにアクセスができなくなります。

Evernote Business アカウントの月間アップロード容量はどれくらいですか?

Evernote Business では共有分の月間アップロード容量として、1 ユーザあたり 2 GB が付与されます。例えば、ビジネスアカウントのユーザ数が 4 名の場合、共有する月間アップロード容量は 8 GB となります。ユーザ数が 12 名の場合は 24 GB となります。詳細はこちら >>

Evernote Business は現在、どの国で提供されていますか?

Evernote Business は、請求先ご住所が以下の国であればご利用いただけます: 日本、アルゼンチン、オーストラリア、オーストリア、ベルギー、ベリーズ、ボリビア、ブラジル、ブルガリア、カナダ、チリ、コロンビア、コスタリカ、キプロス、チェコ共和国、デンマーク、ドミニカ共和国、エクアドル、エジプト、エルサルバドル、エストニア、フィンランド、フランス、フランス領ギアナ、ドイツ、ギリシャ、グアテマラ、ガイアナ、ホンジュラス、香港、ハンガリー、アイスランド、インドネシア、アイルランド、イスラエル、イタリア、ジャマイカ、韓国、クウェート、ラトビア、リトアニア、ルクセンブルク、マレーシア、マルタ、メキシコ、オランダ、ニュージーランド、ニカラグア、ノルウェー、パキスタン、パナマ、パラグアイ、ペルー、フィリピン、ポーランド、ポルトガル、ロシア、ルーマニア、サウジアラビア、シンガポール、スロバキア、スロベニア、南アフリカ、スペイン、スリナム、スウェーデン、スイス、台湾、タイ、トルコ、ウクライナ、アラブ首長国連邦、イギリス、米国、ウルグアイ、ベネズエラ、ベトナム

初期設定

Evernote Business を使い始めるには、どういった設定が必要ですか?

  1. Evernote Business に新規登録(会社用にアカウントを作成)します。
  2. ユーザを追加します。
  3. Evernote Business にコンテンツを追加します。
  4. ビジネスのコンテンツを共有します。

詳細につきましては、Evernote Business クイックスタートガイドをご覧ください。

Evernote Business の契約内容はどこで確認できますか?

Evernote Business 契約の内容は、こちらに掲載されております。

Evernote Business にはどのような請求・支払オプションがありますか?

お支払いはクレジットカード(年払い・月払い)、または請求書(年払い)でお願いいたします。詳細はこちら >>

チームの Evernote Business アカウントの管理

ユーザの追加、コンテンツの追加、請求情報の閲覧など、会社の Evernote Business の管理はどのように行えばよいですか?

Evernote Business アカウント管理者は、「管理コンソール」よりチームのアカウントを管理することができます。詳細はこちら >>

どうすれば社外の人が自分のチームの Evernote Business アカウントに参加しないようにできますか?

チームの Evernote Business アカウントに参加できるのは、メールで招待したユーザか、お客様が指定するドメインのメールアドレスを持つユーザ(2017 年 10 月 3 日より前に作成された Evernote Business アカウントに限定)のみです。

招待状に対する返事がないとき、どうすればユーザの招待を取り消したり、チームの Evernote Business アカウントへの参加を呼びかけるリマインダーを送信したりできますか?

管理コンソールの「ユーザを管理」メニューから、ユーザの招待を取り消したり、招待メールを再送信したりすることができます。

停止されたアカウント内からデータをエクスポートすることはできますか?

はい。元のノートブック作成者が Evernote Business アカウントを脱退した場合でも、管理者は引き続きすべてのビジネスノートブックにアクセスすることが可能です。アカウント管理者は管理コンソールの「ノートブック」メニューから、これらのノートブックのエクスポート操作を行えます。

セキュリティ

Evernote はどのようにデータを保護しているのですか?

Evernote のデータ保護に関する 3 原則」は、貴社のデータを取り扱う上での重要な方針です。Evernote で行うすべてのことは、次の 3 つの原則に基づいています:

  1. ユーザのデータはユーザ自身のもの
  2. ユーザのデータは保護する
  3. ユーザのデータは取り出し可能

Evernote は、貴社のデータを安全に保護する重要性を理解し、お客様との信頼関係の構築に真摯に取り組んでおります。詳細につきましては、「セキュリティ概要」をご覧ください。

Evernote Business では、どのようなセキュリティ機能が提供されますか?

Evernote Business におけるセキュリティ機能の概要につきましては、こちらに記載しております。

Evernote のデータは暗号化されますか?

Evernote クライアントとサーバ間で行われるすべての通信は SSL 上で行われますので、パスワードやデータを含めて安全に守られています。お使いのコンピュータや端末に保存されたデータについては、Evernote が自動的には暗号化することはありませんが、ユーザ自身が暗号化を設定することはできます。

Evernote Business は Active Directory などのシステム化されたユーザ管理に対応していますか?

はい。 Evernote Business は現在お使いの Active Directory や LDAP ソリューションと連携しており、 Evernote Business ユーザの招待や削除を既存の管理コンソール内で直接行うことができます。 Evernote Business と完全に連携された、最初のプロビジョニングパートナーである Okta のようなサービスを使えば、ユーザの管理が簡単かつ迅速に行えます。

Evernote Business はシングルサインオン (SSO) に対応していますか?

はい。Evernote は、広く普及している高セキュリティな業界標準「SAML 2.0(Security Assertion Markup Language 2.0)」をサポートしています。そのため、SAML 2.0 をサポートする主要な ID プロバイダ (IdP) のサービスを、簡単に Evernote の SSO 認証に統合できます。また、Evernote は AD FS(Active Directory フェデレーションサービス)もサポートしています。詳細はこちら >>

Evernote Business は SSAE16 に準拠していますか?

弊社のデータを管理しているデータセンターは、SAS 70 (Type II) および SSAE16 SOC-1 (Type 2) 認定されています。Evernote 社および Evernote サービスは、正式な SSAE16 認定の手続きはまだ行っていません。

Evernote Business は HIPAA に準拠していますか?

Evernote と Evernote Business は現在、準拠しておりません。

Evernote Business には、バージョン管理やノート履歴の閲覧機能はありますか?

はい。ノート履歴には、1 日に数回ノートのスナップショットが保存され、Evernote for Mac・Windows または Evernote Web 版から過去のバージョンに戻ることができます。詳細はこちら >>

変更を加えたユーザやビジネスノートブックから個人のノートブックにコンテンツを移動したユーザを確認できますか?

Evernote アプリ内のアクティビティフィードで、最近変更されたノートとその変更者を確認することができますが、一つひとつの変更の詳細は表示されません。

削除されたノートを復元することはできますか?

削除されたノートは、ビジネスの「ゴミ箱」に移動されています。会社のアカウント管理者以外でも、誤ってノートを削除してしまった場合、そのゴミ箱からノートを復元することができます。アカウント管理者は、管理コンソールからもノートの復元(または完全な削除)ができます。

請求および支払

Evernote の無料トライアルはありますか?

はい、30 日間無料でお試しいただくことが可能です。こちらの Evernote Business サイトから無料トライアルにお申し込みください。

Evernote Business に割引制度はありますか?

はい。教育機関や NGO、非営利団体向けに特別割引をご用意しております。詳細はこちら >>

どうすれば自分のチームの Evernote Business アカウントを停止できますか?停止した場合、アカウント内のノートおよびノートブックはどうなりますか?

管理コンソールの「請求情報」タブから Evernote Business アカウントを停止できます。会社の Evernote Business アカウントは、現在の請求対象期間が終了するまでは有効のまま残ります。アカウントを停止する前に、ビジネスノートブックに保存されているノートの中で必要なものを個人アカウントに移行しておくか、ノートブックを選択し「ノートをエクスポート」を行いバックアップとして .enex 形式のファイルをコンピュータ上に保存しておくことを強くお勧めします。一旦アカウントが停止されると、ビジネスノートおよびビジネスノートブックにはアクセスできなくなります。

LANGUAGES_ALL EXCLUDE=vi, th, ms, ar, id

キーワード:

  • 管理者
  • 管理者
  • ビジネス
  • Evernote Business
ビデオ (%{current} / %{total}) を再生中
ビデオ (%{current} / %{total})