Evernote にコンテンツを自動保存するには、 IFTTT (If This Then That) をお使いください。

IFTTT (If This Then That) とは何ですか?

IFTTT (If This Then That) はご希望の 2 つのサービスを接続し、「タスク」と呼ばれる自動的なフローを作成します。ここでのサービスとは、メールアカウント、カレンダー、写真サービス、電話、そして Evernote 等を指します。「タスク」は、一つのサービスの「トリガー (Triggers) 」とそれによって引き起こされるもう片方のサービスでの「アクション (Action) 」で構成されています。自分の「タスク」の作成も可能ですし、他の IFTTT ユーザが作成した既存の「レシピ」を使用することもできます。 IFTTT を使用するには、無数と言ってよいほどたくさんの方法があります。

 

IFTTT を使って何ができますか?

IFTTT で Evernote を使用した人気のレシピをいくつかご紹介します:

 

Gmail で「スター」を付けた大切なメールをを保存する:大切なメールを見逃さないように、Evernote アカウントに直接送ってフォローアップや後日の参照に役立てましょう。

IFTTT のレシピ: Gmail にスター ★ を付けて、Evernote に送る

 

Foursquare のチェックイン情報をアーカイブして訪ねた場所をすべて記録。 Foursquare で場所にチェックインするたびに、その情報が Evernote のノートとして保存されます。

IFTTT のレシピ: Foursquare のチェックインをアーカイブして Evernote のノートに保存。

 

Facebook の近況アップデートを日記のように保存: Evernote 内に「日記」ノートブックを作成し、Facebook の近況をアップデートするたびに保存できます。

IFTTT のレシピ: Facebook の近況アップデートを Evernote に保存してライフログとして使用しましょう。

 

最初に何をすればよいですか?

  1. Evernote アカウントをお持ちでない場合は、こちらからアカウントを作成して下さい。
  2. IFTTT アカウントを作成します。
  3. IFTTT で自分の Evernote チャンネルを有効にします。
  4. まず自動化するものを決め、レシピ(使い方)を作成します。アイデア、ヒントは他ユーザの人気のレシピ(使い方)をご覧ください。

 

その他のヒント

  • 一度に複数のユーザとノートを簡単に共有したり、コレクション全体をノートブックとして共有したりできます。共有に関する詳細な情報はこちらの記事をご覧下さい。

LANGUAGES_SUPPORT LANGUAGES_EXCLUDE=zh-cn-yxbj

この記事は役に立ちましたか?

30人中17人がこの記事が役に立ったと言っています

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください