Evernote Business の「Know Who」検索機能とは

Evernote Business の「Know Who」検索機能とは

Evernote Business の「Know Who」検索機能とは

Evernote Business の「Know Who」検索機能とは

情報の収集や共同作業では、その道に詳しい人に聞くのが一番近道であることもままあります。ですから Evernote では、検索は単なるコンテンツとノートの表示にとどまりません。ご利用の Evernote アカウント内で検索をすると、ノートとノートブックの検索結果とともに、「そのことを詳しく知っている可能性がある人」も一覧されます。すなわち、検索している内容について、知識の豊かな他のユーザを社内で検索して、そのユーザとつながることも、すばやく簡単にできるのです。

検索の例:

  • 潜在的な収益源について大々的なリサーチを行い、まとめているビジネスディレクターがいれば、「収益」で検索したときに、その人が表示されます。
  • 社内のプライバシーポリシーを管理している IT マネージャーがいれば、「セキュリティ」で検索したときに、その人が表示されます。
  • 社内にサポートチームが存在すれば、「お客様の声」を検索したときに、そのメンバーが表示されます。

「Know Who」検索機能の使い方

「Know Who」検索の結果は 2 通りの方法で表示されます。

  1. Evernote Business のホーム画面で検索をすると、ノートやノートブックと並んで、検索内容に詳しいと思われる同僚たちのプロフィールとメールアドレスが記載された「詳しい可能性があります」というリストが表示されます。
  2. ご利用の Evernote アカウント内のどこかで検索をすると、検索条件に一致する個人のノートとノートブックのほかに、ビジネスアカウント内で関連すると思われる結果へのリンクも表示されます。そのリンクをクリックすると、ビジネスホームで、検索条件に一致するビジネスノートとビジネスノートブックとともに、「詳しい可能性がある人」のリストを閲覧することができます。

    詳しい人のノートリスト

候補が割り出される方法

Evernote はまず、検索したキーワードに関連するノートを社内全体から探し出します。さらに、それらのノートから、当該のトピックに「詳しいユーザ」が提案されます。「詳しいユーザ」は、それまでに携わった公開・非公開のビジネスノートなど、さまざまな要素に基づいて割り出されます。ユーザ本人が「詳しい人」として一覧されることはありませんが、他のユーザが検索したときに「詳しい人」として表示される可能性はあります。

LANGUAGES_ALL EXCLUDE=vi, th, ms, ar, id

キーワード:

  • ビジネス
  • ビジネス検索
  • Evernote Business
  • 専門知識
  • 「Know Who」検索
  • 予測
  • 予測
ビデオ (%{current} / %{total}) を再生中
ビデオ (%{current} / %{total})