Evernote Business の使い方ヒント(上級編)

Evernote Business の使い方ヒント(上級編)

Evernote Business の使い方ヒント(上級編)

メールを Evernote に保存する

専用メールアドレス宛てにメールを転送することで、重要な連絡内容や文書、週報、その他さまざまな情報を Evernote アカウントに直接メールで送ることができます。Evernote が自動的にノートを整理します。「@」マークで保存先ノートブックを指定したり、「#」マークでタグを指定したりすることも可能です。例えば、メールの件名を「ホテル予約確認 @トラベル #シドニー」にして送信します。

詳細はこちら

Web クリッパーを使って Web ページを保存

お使いの Web ブラウザに Evernote Web クリッパーをダウンロード&インストールして、Web ページや記事、画像、PDF で役立ちそうなものや参考になったものをクリップして保管しましょう。Web クリッパーでクリップしたコンテンツは、関連するノートの内容をもとに自動的に Evernote で振り分けられますが、既定のノートブックやタグの設定をすることもできます。

詳細はこちら

 

ノートにリマインダーを追加して通知を設定する

リマインダーを設定するには、ノートを閲覧・編集している時にリマインダー(目覚まし時計)アイコンをクリックまたはタップして、必要に応じて通知を加えます。

詳細はこちら

ショートカットを作成する

ショートカットを使用すると、使用頻度が高いノート、ノートブック、スタック、保存された検索に素早くアクセスできます。それらのアイテムをサイドメニューの「ショートカット」の部分にドラッグするだけで、簡単にショートカットを作成できます。

詳細はこちら

 

タグ、チェックボックス、ソースアプリ、日付などでノートを検索

ノート、画像、スキャンした PDF や文書に含まれる活字および手書き文字を検索できるだけでなく、高度な検索演算子を利用してより細かくノートを検索することができます。Skitch で作成したノート (sourceApplication:skitch.*)、特定のタグの付いたノート (tag:mytag)、未完了のチェックボックスのあるノート (todo:false) など色々あります。検索条件は保存できるので、今後また同じ検索を行う時にも便利です。

詳細はこちら

Evernote カメラで文書、名刺、ポスト・イット® ノートを撮影して加工する

モバイル端末で Evernote カメラを使用すれば、領収書、文書、名刺、ポスト・イット® ノートを綺麗に撮影して保存できます。また、明るさが対照的な背景に文書を置いて撮影すると(たとえば、明るい色の文書なら暗い色のデスクの上に置くなど)、背景を除いた文書だけが撮影され、明るさも自動的に調整されます。

Evernote カメラを Evernote スマートノートブック by Moleskine とともに使用すると、両者のメリットを最大限に引き出すことができます。

Moleskine ノートブックのページポスト・イット® ノートを撮影する方法の詳細はこちら

 

検索条件を保存する

頻繁に実行する検索や複雑な検索は、実行後に保存して素早く再利用できます。保存された検索は、サイドメニューの「ショートカット」にドラッグしてショートカットを作成することもできます。

詳細はこちら

Office 文書の追加と更新

Evernote には複数のファイルをまとめてドラッグできます。ノートにドラッグして添付したファイルは、右クリック(Windows の場合)または control + クリック(Mac の場合)して表示または名前を変更できます。それらのファイルは普段使用する外部のアプリで編集し、再び Evernote のノート内に直接保存できます。

詳細はこちら

 

キーボードショートカットを使用する

色々なキーボードショートカットを使って、Evernote をより速く、シームレスに使いこなしましょう。新規ノートの作成、画面の切り替え、検索などのよく使う操作を、キーボードのみを使って素早く実行できるので時間を節約ができます。

Mac および Windows のキーボードショートカットに関する詳細はこちら

添付の PDF ファイルに注釈を追加

ノートに添付された PDF、スクリーンショット、画像などを素早く確認し、注釈を描き込んでみましょう。スタンプ、コメントやその他ツールを使って感想を伝えてください。

詳細はこちら

 

ノートの過去のバージョンを表示する

一日数回、 Evernote はノートの変更履歴を記録しています。お使いのコンピュータで以前のノートをもう一度見たいときには、ノート情報の「履歴を表示」をクリックすると確認できます。

詳細はこちら

複数のビジネスノートブックを同僚と共有する

会社の Evernote アカウントに参加している同僚をビジネスノートブックに招待し、閲覧、編集、共有する権限を与えられます。この機能は、たとえば新入社員に業務を引き継ぐ場合や、特定のプロジェクトや顧客に関連する一連のノートをチームのメンバーと共有する場合などに便利です。

詳細はこちら

 

一連のノートへのリンクが記載された目次ノートを作成する

一連のノートへのリンクが記載されたノートを「目次ノート」と呼びます。Evernote for Mac または Evernote for Windows で目次ノートを作成すると、複数の関連するノートに一ヶ所からアクセスできるようになり便利です。

詳細はこちら

ノートをプレゼンテーション形式で共有する(Evernote for Mac、Evernote for Windows、Evernote for iOS)

ノート編集画面の上部にあるプレゼンテーションモードのボタンを選択するだけで、1 つまたは複数のノートで簡単に全画面のプレゼンテーションを開始できます。

詳細はこちら

 

複数のノートを 1 つに結合する

複数のノートのコンテンツを 1 つのノートにまとめたい場合は、ノートリストで目的のノートをすべて選択し、「マージ」を選択します。

詳細はこちら

 
 

LANGUAGES_ALL EXCLUDE=vi, th, ms, ar, id

キーワード:

  • ヒント
ビデオ (%{current} / %{total}) を再生中
ビデオ (%{current} / %{total})