メールを Evernote に保存

メールを Evernote に保存
< 戻る / 次へ >

メールを Evernote に保存

Evernote プレミアムと Evernote Business では、自分専用の Evernote 転送用メールアドレスを使用することで、メールを直接 Evernote に保存できます(1日200件まで)。旅行の予約確認、各種の通知、自動配信される週間レポートなど、あらゆるメールを Evernote に保存して、どこからでもアクセスできます。

注: ベーシックをご利用のお客様もこの機能をお試しいただけますが、メールの上限が 5 件に制限されます。

メールを Evernote に保存する

メールを Evernote へ保存するには、ふだん使用しているメールクライアントを使用して、そのメールを Evernote 転送用メールアドレスに転送します。転送されたメールは Evernote に新規ノートとして表示され、メールの件名がノートの件名として使用されます。

自動入力を有効にすることで、メールをインテリジェントにアカウントで整理できます。方法については、Evernote に転送したメールを自動的に整理するをご覧ください。

リマインダーやノートブック、タグを追加する

メールを Evernote へ転送する前に、件名の末尾に特定のコマンドを挿入しておくことで、保存先のノートブック、ノートに付けるタグ、ノートのリマインダーなどを指定できます。このようなコマンドには以下を含みます:

  • !リマインダー: エクスクラメーションマーク(!)を使用するとリマインダーを設定できます。リマインダーに日時を設定するには、明日の場合は「!tomorrow」を挿入します。具体的な日付の場合は、年月日の数字をスラッシュで区切り、たとえば「!2013/06/24」のような形式で挿入します。
  • @ノートブック: 例えば「@旅行」のように @ マークとノートブック名を使って指定しない限り、デフォルトのノートブックに送信されます。ノートブックの名前に空白スペースがある場合、例えば「@海外旅行」のように、そのまま記載してください。
  • #タグ: 例えば「#札幌」「#北海道」のようにハッシュ記号 (#) を使用してタグを追加します。

標準的な形式:

メールの件名: [ノートの件名] ![リマインダーの日時(任意)] @[ノートブック名] #[タグ]

注: これらのコマンドは自由に組み合わせて使用できますが、正しく整理されるようにするには、リマインダー、ノートブック、タグの順で追加するようにしてください。

例:

パーティーの計画で思いついたことを「イベント」ノートブックに送信して、例えば「5 周年」というタグを付けて、リマインダーを設定します。

  • メールの件名: 5 周年記念パーティー !2013/06/24 @イベント #記念日

ホテルの予約票を「トラベル」ノートブックに送信して、タグは「シドニー」にします。

  • メールの件名: ホテル予約 @出張手配 #日本

既存のノートにメール文面を追加

既存のノートにメールのテ​​キストを追加するには、件名の最後に「+」を付けます。そのタイトルの最新ノートにメール本文を追加します。

メールの自動転送

特定の送信者や件名のメールをすべて自動的に転送するには、メールのフィルタ機能を設定します。たとえば、メールアカウントを適切に設定することで、Google アナリティクスから送信されてくる「週間レポート」という件名のメールを、自動的に「レポート」という名前のノートブックに転送できます。

LANGUAGES_PRODUCT

キーワード:

  • Evernote へメール
  • メールでノートを作成
  • メールのノート
  • メールのインポート
  • メールを転送
  • メールの転送機能
  • メールを送る
  • Evernote メールアドレス