「ビジネスノートブック」と「個人のノートブック」の違い

「ビジネスノートブック」と「個人のノートブック」の違い

「ビジネスノートブック」と「個人のノートブック」の違い

Evernote Business では、ビジネスコンテンツとその共有機能を備えたビジネスノートブックを作成できます。ビジネスノートブックと個人のノートブックは、サイドバーやノートブックリスト上で別々に表示されますが、すべて 1つのアカウントでアクセスできます。ビジネスノートブックと個人のノートブックのどちらかまたは両方を使用すべきかは、両者の主な違いを比較した次の表を参考に決定してください。

 Personal notebooksBusiness notebooks

コンテンツの種類

個人のノートブックが適しているコンテンツの例:

  • 買い物リストや ToDo リスト
  • スポーツジムのレッスン、学校の休み、試合のスケジュールなど
  • Website からクリップした、プレゼントの候補
  • オンラインで買い物した際に届いた領収書メール
  • 旅行の日程、ホテルの予約確認票、地図など

ビジネスノートブックが適しているコンテンツの例:

  • プロジェクトの目標値、タイムライン、会議の議事録など
  • 面接でする質問、応募者の履歴書、その他フィードバックなど
  • マーケティング用のブログや発信メールの雛形、スケジュールなど
  • 営業部の見込み客、取引先情報、顧客との打ち合わせのメモなど

所有権

コンテンツは自分が所有し、仮に退職した場合でも自分のものとして残ります。

コンテンツは会社が所有し、仮に退職した場合は会社のものとして残ります。

プライバシー

自分から共有しない限りは非公開

自分から共有しない限りは非公開

注: アカウント管理者はノートブックの所有権を変更できます。

共有機能

誰とでも共有できます。

誰とでも共有可能で、会社のビジネスホームを通じて同僚全員に公開できます。

連絡先情報

共有時には、アカウントへのログイン用メールアドレス(通常は個人のメールアドレス)が表示されます。このメールアドレスは変更できます

個人アカウントのログイン用メールアドレスと異なるメールアドレスをビジネスメールアドレスとして追加した場合、共有時にはビジネスメールアドレスが表示されます。

個人用ノートブックからビジネスノートブックへ変換する方法についてはこちら

LANGUAGES_ALL

キーワード:

  • ビジネスノートブック
  • ビジネスノート
  • Evernote Business
  • 整理方法
  • どのノートブック
  • ノートブックの種類
ビデオ (%{current} / %{total}) を再生中
ビデオ (%{current} / %{total})