「保存された検索」を作成する方法

「保存された検索」を作成する方法

「保存された検索」を作成する方法

検索で特定のキーワードやフレーズを頻繁に使用する場合は、それらを Evernote に保存できます。そうして保存された検索は、Evernote を利用するすべての端末で同期されます。

「保存された検索」を作成する

Windows: 検索を実行し、メニューバーからファイル > 保存した検索条件の新規作成...を選択します。

Evernote for Mac: 検索を実行し、メニューバーから編集 > 検索 > 検索を保存を選択します。

iPhone・iPad・iPod touch: 検索を実行し、「検索を保存」ボタン(虫眼鏡に「+」のマークが付いているアイコン)をタップします。

Android: 検索を実行してから、オプション(...)ボタンをタップし、「ホーム画面に追加」を選択します。注: Android 端末で保存した検索条件は、他の端末には同期されません。作成を行った Android 端末にのみ保存され、使用できます。

「保存された検索」でタグを使用する

ノートにタグが付いていれば、保存された検索に含め、そうしたタグに基づいてノートを検索することができます。それには、任意のタグを検索条件の一部として設定します。タグと高度な検索構文とを組合わせて、対象を絞り込んだ保存された検索を作成することも可能です。

  • Notebook:"現在のプロジェクト" Tag:承認_保留 デザイン
  • 検索結果: 「現在のプロジェクト」ノートブック内の、「デザイン」というキーワードを含み、かつ「承認_保留」のタグが付けられているノートがすべて表示されます。

保存された検索条件とタグの違いに関する詳細はこちら

「保存された検索」を使用する

保存された検索を呼び出すには、検索ボックスをクリックまたはタップします。すると、検索ボックスの下に保存された検索のリストが表示されます。

ショートカットに保存する

Evernote for Mac または Evernote for Windows をお使いの場合、保存した検索条件をショートカットに追加できます。検索ボックスをクリックして表示される一覧から選択し、サイドバーの「ショートカット」にドラッグしてください。

LANGUAGES_SUPPORT LANGUAGES_INCLUDE=it,tr

キーワード:

  • 保存された検索
  • 検索
ビデオ (%{current} / %{total}) を再生中
ビデオ (%{current} / %{total})