検索条件を保存する方法

検索条件を保存する方法
< 戻る / 次へ >

検索条件を保存する方法

よく使う検索キーワードやフレーズがある場合は、Evernote に保存することができます。保存された検索条件は、お使いのすべての端末で同期されます。

検索条件を保存する

  • Mac

    検索を実行し、メニューバーから「編集」 > 「検索」 > 「検索を保存」の順に選択します。

  • Windows

    メニューバーから「ファイル」 > 「保存した検索条件の新規作成...」の順に選択するか、左側のパネルの「保存した検索条件」の横にある「+」アイコンをクリックします。

  • iPhone、iPad、iPod touch

    検索を実行し、「検索を保存」ボタン(虫眼鏡に「+」のマークが付いているアイコン)をタップします。

  • Android

    検索を実行してから、点線ボタンをタップし、「ホーム画面に追加」を選択します。注: Android 端末で保存した検索条件は、他の端末には同期されません。作成した Android 端末でのみ保存されます。

  • Web

    検索を実行し、ノートリストパネルの縦の 3 点リーダーをクリックして、「保存した検索条件...」をクリックします。

タグを使った検索を「保存した検索条件」に追加する

ノートにタグが付いていれば、保存した検索条件に含め、そうしたタグに基づいてノートを検索することができます。それには、任意のタグを検索条件の一部として設定します。タグと高度な検索構文とを組合わせて、対象を絞り込んだ保存された検索を作成することも可能です。

  • Notebook:"現在のプロジェクト" Tag:承認_保留 デザイン
  • 検索結果: 「現在のプロジェクト」ノートブック内の、「デザイン」というキーワードを含み、かつ「承認_保留」のタグが付けられているノートがすべて表示されます。

保存した検索条件とタグの違いに関する詳細はこちら

保存した検索条件を使用する

  • Mac

    検索ボックスをクリックすると、保存した検索条件のリストが表示されます。

  • Windows

    保存した検索条件は左側のパネルの「タグ」の下に表示されます。

  • iPhone、iPad、iPod touch

    検索ボックスをタップすると、保存した検索条件のリストが表示されます。

  • Android

    検索ボックスをタップすると、保存した検索条件のリストが表示されます。

  • Web

    検索ボックスをクリックすると、検索ドロップダウンの一番下に保存した検索条件のリストが表示されます。

LANGUAGES_SUPPORT LANGUAGES_INCLUDE=ms

キーワード:

  • 保存された検索
  • 検索