Android の Skitch 設定概要

Android の Skitch 設定概要

Android の Skitch 設定概要

Skitch for Android で設定できる様々なオプションを簡単に見てみましょう。Android 端末上のメニューボタンをタップし「設定」をタップします。

  • ツールごとの設定では、各ツールの色やサイズをカスタマイズできます。このオプションが選択されている場合、例えば「鉛筆ツール」を使うと細く青い線が、「線ツール」を使うと太く赤い線が描けるようにできます。ツールを切り替えるたびに色や筆の設定を変更する必要がなくなり、便利です。
  • 画面相対ツールサイズは、現在のズームレベルに比例して、線や図形のサイズを変更するか指定できます。このオプションが選択され、画像がズームされている状態で描き込まれた線は、適切にリサイズされます。このオプションが選択されていない場合、画像に適用されているズームの程度に関係なく、線は常に同じサイズで描画されます。
  • 小さな画像を拡大では、端末上の編集領域よりも小さい画像が Skitch に読み込まれた際、編集領域に合わせて自動的に画像を引き伸ばすか指定できます。このオプションが選択されない状態で 25 ピクセル四方の画像を読み込んだ場合、画像の元のサイズが維持されます。
  • 強調表示の不透明度では、強調表示ツールを使用した際、線の下のコンテンツの透け具合を指定できます。スライダーが右に移動するほど、線は不透明になり、下の字は透けにくくなります。
  • スマート強調表示では、Skitch 内で水平または垂直な線が引かれた際、自動的に線の角度を調整し、完全に水平または垂直な線にするかどうかを指定できます。このオプションは、水平または垂直になるように意図された線にのみ影響するため、対角線のような斜めの線は調整されません。
  • 描画・選択要素のタップが有効になっている場合、ユーザは 2 本目の指で画面をタップして押さえておくことで、描いている途中の要素のサイズと位置を調整できます。左手の人差し指で正方形を描いている場合、サイズを変更または移動させたい場合、別の指で編集領域のどこかをタップして、左手の人差し指で正方形をドラッグします。二番目の指でタップした後は、描き込んだ要素の変更はできないのでご注意下さい。
  • 現在の Skitch バージョンでは、ご利用の端末にインストールされている Skitch の現在のバージョン番号を表示します。

LANGUAGES_SUPPORT

ビデオ (%{current} / %{total}) を再生中
ビデオ (%{current} / %{total})