ノートに音声入力する方法(音声テキスト変換)

ノートに音声入力する方法(音声テキスト変換)

ノートに音声入力する方法(音声テキスト変換)

通常、自分で話した内容からノートを作成するには、ボイスメモとしてノートに録音します。一方で、録音した音声をテキストに変換したり、音声の中に含まれる単語を検索する機能はありません。

ボイスメモをそのまま Evernote に保存する代わりに、お使いの端末の音声テキスト変換機能を利用すれば、テキスト情報としてノートに入力することが可能になります。最近発売されている多くの端末は、音声テキスト変換に対応しています。この機能を有効化することにより、音声入力で Evernote のノートに文章を追加することができます。次の手順に従ってください。

注: 音声からテキストへの変換は Evernote の機能ではないため、詳細につきましてはお使いの端末の説明書などをご参照ください。

音声入力機能を有効にする方法

Mac

音声入力は、OS X 10.8 Mountain Lion 以降で使用可能です

音声入力機能を有効・無効にする方法:

  • Apple > システム環境設定をクリックします。
  • 音声入力と読み上げを選択します。
  • 音声入力をオンにするには「」、オフにするには「」を選択します。

音声入力を Evernote で使用する方法:

  • ノートの本文を選択します。
  • fn(ファンクション)キーを 2 回押すか、編集 > 音声入力を開始を選択します。
  • お使いの Mac コンピュータ(または外付けマイク)に向かって、はっきりと話してください。話した内容が、テキストとして入力されます。
  • 終了を選択するか、fn キーを押します。
  • Mac コンピュータは、1 回につき約 30 秒まで聴きとることができます。

詳細につきましては、Apple のこちらの記事をご参照ください。

Windows

音声認識を有効・無効にする方法:

  • Windows のスタートボタンをクリックします。
  • すべてのプログラム > アクセサリ > コンピュータの簡単操作 > Windows 音声認識を選択します。
  • 「聞き取りを開始」と言うか、マイクボタンをクリックして、読み取りモードを起動します。
  • Evernote for Windows Desktop を開き、ノートを選択または新規作成して、テキストを入力したい箇所をクリックします。
  • お使いのコンピュータ(または外付けマイク)に向かって、はっきりと話してください。話した内容が、テキストとして入力されます。

すべての Windows デスクトップ用プログラムで音声入力を有効にする方法:

  • Windows のスタートボタンをクリックします
  • すべてのプログラム > アクセサリ > コンピュータの簡単操作 > Windows 音声認識を選択します
  • 「音声オプションを表示しなさい」と話してから、「どこでもディクテーションを有効にします」と話します。

詳細につきましては、Microsoft 社のこちらの記事をご参照ください。

Evernote Touch for Windows

詳細につきましては、Microsoft 社のこちらの記事をご参照ください。

iPhone・iPad・iPod touch

iOS 端末で音声入力を使用するには、キーボードに表示されたマイク(スペースバーの左側)を最初にタップします。話し始めると、話した内容がテキストに変換されていきます。終わったら完了ボタンをタップします。

Android

Android 端末で音声入力を使用するには、Android アプリを開いてからキーボードを表示させます。左下に表示されるマイクのアイコンをタップし、話し始めると、その内容がテキストに変換されていきます。

音声入力のその他のヒント

  • Android と iOS 端末はいずれも句読点の入力には対応していません。
  • 音声からテキストに変換した後は、必ずその内容を一度読んで確認してください。音声入力の精度は完璧ではないので、キーボードを使って一部を修正する必要がある場合があります。

キーワード:

  • 音声からテキスト
  • 音声変換
  • 音声入力
  • ディクテーション
  • 音声テキスト変換
  • 音声認識
  • ボイスメモ

LANGUAGES_SUPPORT

ビデオ (%{current} / %{total}) を再生中
ビデオ (%{current} / %{total})