トラブルシューティング

トラブルシューティング

トラブルシューティング

原稿詰まりを防ぐ方法

原稿詰まりを防ぐために、以下の方法をお試しください。

  • 一度にスキャンする枚数を減らす
  • 幅や長さが近いサイズの原稿をスキャンする(レシート、名刺、写真、文書などで分ける)
  • 両端のガイドの幅を、セットした原稿よりも少し広めに調整する
  • すべての原稿が中央にセットされていることを確認する
 

原稿詰まりの対処法

原稿詰まりの対処法

原稿詰まりが発生した場合は、ScanSnap の右側にあるレバーを持ち上げて給紙部を開いてから、ゆっくりと原稿を取り除いてください。

 

無線スキャンで問題が発生した場合

スキャナを Wi-Fi 経由で接続できない場合は、以下の手順をお試しください。

  • スキャナ背面の Wi-Fi スイッチがオンになっていることを確認します。
  • ScanSnap Evernote Edition 無線設定ツールを起動します。無線設定ツールは以下の場所にあります。
    • Windows: すべてのプログラム > ScanSnap Manager Evernote Edition > ScanSnap Evernote Edition 無線設定ツール
    • Mac: アプリケーション > ScanSnap Evernote Edition > Sub > ScanSnap Evernote Edition 無線設定ツール
  • お使いの無線ネットワークに設定されているセキュリティの種類を確認します。問題が発生した場合は、ヘルプ&参考情報サイトをご参照ください。
 

名刺の認識精度を改善する方法

ScanSnap Manager (Evernote Edition) の名刺タブ

スキャン画質などの読み取り設定を調整することで、名刺スキャンの認識精度を向上させることができます。以下の手順に従ってください。

  1. ScanSnap Manager Evernote Edition を開きます。
  2. 左上の歯車アイコンをクリックし、「名刺」タブを選択します。
  3. 画質ドロップダウンメニューで「エクセレント」を選択します。
  4. 圧縮ドロップダウンメニューで「低 (ファイルサイズ:大)」を選択します。
 

スキャナの定期メンテナンス

スキャナ内部のローラーなど原稿と接触する部分は、できるだけ定期的に清掃してください。以下のビデオでは、ローラーなど原稿との接触部の清掃方法、および交換用ローラーの注文方法について説明しています。

ビデオ: ガラス部の清掃方法
ビデオ: ガラス部の清掃方法

ガラス部の清掃

スキャンしたデータに原稿にはないスジ・点・線などが現れる時は、スキャナ内部のガラスの清掃が必要な場合があります。

ビデオ: ローラーの清掃方法
ビデオ: ローラーの清掃方法

ローラーの清掃

原稿が給紙されなかったり、給紙中に傾いたり、マルチフィード(一度に複数ページが給紙される現象)が発生する時は、ローラーを清掃してみてください。

ビデオ: ローラーの交換方法
ビデオ: ローラーの交換方法

ローラーの交換

ローラーの交換周期は、1 年または 200,000 枚が目安になります。ローラーを清掃しても原稿が正しく給紙されない時は、ローラーを交換してください。新しいローラーは、オンラインでご注文いただけます。

 
 

お探しの情報がまだ見つかりませんか?

トラブルシューティングの詳細な手順については、ScanSnap サポートページまたは Evernote ヘルプ&参考情報ページをご参照ください。

LANGUAGES_SUPPORT LANGUAGES_INCLUDE=sv,fi,nl,da LANGUAGES_EXCLUDE=pt-br

ビデオ (%{current} / %{total}) を再生中
ビデオ (%{current} / %{total})