よくある質問

よくある質問

よくある質問

ScanSnap Evernote Edition はどこで買えますか?

ScanSnap Evernote Edition スキャナは、PFU サイト よりご購入いただけます。

 

最初にすることは何ですか?

  1. Windows 版・Mac 版のインストーラを Evernote Web サイトからダウンロードします。
  2. この使い方ガイドをお読みください。
 

ScanSnap Evernote Edition の専用ソフトウェアは他のスキャナにも使えますか?

今回はハードウェアとソフトウェアが密に連携したことにより、自動判別機能などを使用するには ScanSnap Evernote Edition のハードウェアが必要になります。

 

ScanSnap Evernote Edition と iX500 の違いは何ですか?

ScanSnap Evernote Edition では、初回のセットアップから原稿をスキャンするまでの流れにおけるユーザ体験が再デザインされています。主な違いは以下の通りです。

  • 一つの手順でドライバとソフトウェアをセットアップして、すぐにスキャナを使用開始。
  • 自動的に原稿の種類を判別し、仕分けする機能を搭載: スキャナが自動的に文書・名刺・レシート・写真を認識し、Evernote 内で適切なノートブックに整理。
  • 「解像度」「dpi」「濃度」「圧縮率」などを気にする必要はありません。Evernote Edition 用の ScanSnap Manager が画質とファイルサイズを考慮した、最適な設定を自動選択します。
  • 一つの手順で Wi-Fi を利用した無線スキャンを設定できるため、デスク周りのケーブルが簡単に片付きます。
  • スキャンした名刺を、LinkedIn からの情報を含む連絡先ノートに自動変換します。
  • スキャンの流れもシームレスなので、他の作業が中断されることもありません。作業に集中する間に、スキャンが完了したことをお知らせする通知が表示されます。
 

ScanSnap Evernote Edition を複数台のコンピュータで使用することはできますか?

はい。ScanSnap Evernote Edition は最初に、USB ケーブルで接続されているコンピュータにスキャンします。USB 接続をしていない場合は、Wi-Fi 経由で接続したコンピュータにスキャンします。つまり、スキャナを 1 台のコンピュータに Wi-Fi 経由で接続しながら、必要に応じて他のコンピュータと USB で接続してご利用いただくことが可能です。

 

オプションで他の保存先(Dropbox、Google ドライブ、Box など)を指定することはできますか?

はい。Evernote へのスキャン以外にも、スキャンしたファイルをそのまま保存するためのディレクトリを指定することが可能です。ScanSnap Manager Evernote Edition 画面の「一般」タブで 「読み取ったデータをファイルで残す」にチェックを入れてください。

 

ScanSnap Evernote Edition からモバイル端末に直接スキャンすることはできますか?

はい。Scannable をインストールすれば、ScanSnap Evernote Edition スキャナから直接、モバイル端末へスキャンすることが可能になります。

 

ScanSnap Evernote Edition はクラウドに直接(コンピュータなしで)スキャンすることはできますか?

ScanSnap Evernote Edition は、USB 接続または Wi-Fi で無線接続されたコンピュータ上から、Evernote へスキャンします。スキャンした文書はコンピュータからお客様の Evernote アカウントへ同期され、そしてお使いのすべてのデバイス上でアクセス可能になります。これはあくまで、最高のユーザ体験を提供するための選択であり、技術的な制限によるものではありません。その理由を以下にいくつか挙げます。

  • 元の原稿を捨てる前に、スキャン結果を自分で確認したいユーザが多いことが分かりました。しかし、クラウドへ直接スキャンするとタイムラグが生じるため、これが難しくなります。代わりに、スキャンしてから文書をプレビュー表示するまでの時間を短縮することにしました。
  • クラウドへ直接スキャンすることは、複数のユーザがスキャナを共有する環境での運用にも影響します。例えば、保存先に特定のユーザの Evernote アカウントを保存先として選択するためにセットアップ手順もより複雑化し、さらには他人がスキャンしたデータを勝手にアカウントへ送信される(データインジェクション)などのセキュリティ上の懸念も考えられます。
  • インターネットが利用できない環境においては、クラウドへ保存できないため、スキャンしたファイルをどう扱えばよいのかが明確ではありません。
 

ScanSnap Evernote Edition は光学文字認識 (OCR) を使用して PDF を検索可能にするのですか?

はい、ABBYY 社による業界最高レベルのテキスト認識エンジンを採用しており、文書に含まれるテキストが検索可能および選択可能になります。

 

ScanSnap Evernote Edition では、カラーや解像度、圧縮率などを手動で設定することは可能ですか?

はい、可能です。しかし、Evernote Edition ではスキャンした原稿の種類を判別し、自動的に画質や原稿サイズの設定を最適化しています。例えば、文書の場合は検索可能な PDF として出力されますが、写真の場合は高画質な JPEG 画像として出力されます。

 

名刺をスキャンした場合はどうなりますか?

ScanSnap Evernote Edition で名刺をスキャンすると、弊社独自の技術を利用したサーバー側での画像認識を行い、名刺から基本情報を抽出して連絡先ノートを作成します。

Evernote から自分の LinkedIn アカウントへの連携を承認すると、名刺から検出した基本情報を基に、会社名・役職・プロフィール写真などの詳細情報を LinkedIn から検索します。

このスクリーンショットは、名刺をスキャンした後に、オンラインのソーシャルネットワークから追加情報を自動抽出して作成された連絡先ノートの画像です。

スキャンされた ScanSnap 連絡先情報
 
 

スキャンしたファイルをダウンロードまたは共有するにはどうすればよいですか?

スキャンしたすべてのファイルは、Evernote のノートに自動保存されます。デフォルト設定では、文書は PDF ファイルとして保存され、レシート・写真・名刺は JPEG ファイルとして保存されます。Evernote に保存されているので、Evernote がインストールされたすべてのコンピュータおよびモバイル端末から全ファイルがアクセス可能です。

  • ファイルを開く: デスクトップ上でファイルを開くには、ファイルをダブルクリックまたは右クリックし、「開く」を選択してください。
  • ファイルをコンピュータ上に保存する: ファイルをコンピュータに保存するには、右クリックして「名前を付けて保存」を選択するか、ファイルを Evernote のノートから希望するフォルダへ直接ドラッグしてください。
  • メールでファイルを共有する: スキャンしたファイルを個別にメールで共有するには、Evernote のノートにある共有アイコンをクリックしてください。表示された共有メニューからメール送信を選択すると、お使いのメールソフトが起動し、ノートのコンテンツが新規メールに添付されます。
  • ノートブック全体を共有する: スキャンしたすべてのファイルは指定したノートブックへ自動的に仕分けされるため、他の Evernote ユーザにノートブックごと共有すると便利です。ノートブックを一覧表示から選択して右クリックし、共有アイコンをクリックしてください。

LANGUAGES_SUPPORT LANGUAGES_INCLUDE=sv,fi,nl,da LANGUAGES_EXCLUDE=pt-br

ビデオ (%{current} / %{total}) を再生中
ビデオ (%{current} / %{total})