クイックスタート

クイックスタート

クイックスタート

Scannable は現在、iPhone・iPad・iPod touch で利用可能です。なお、2017 年 10 月 3 日以降に作成された Evernote Business アカウントには対応しておりません。

Scannable 使用例

Scannable を使えば、レシート、書類、写真、名刺、ホワイトボード、文書などをスキャンして、直接モバイル端末に保存できます。原稿の形状やサイズは問いません。また、同じ Wi-Fi ネットワークに接続されている ScanSnap Evernote Edition スキャナを、モバイル端末の Scannable で操作することもできます。

Scannable で書類や名刺などをスキャンすると、撮影された画像の余白、明るさ、コントラスト、明瞭度などが自動的に最適な状態に調整されます。Scannable でスキャンした画像は、直接モバイル端末に保存できるだけでなく、Evernote に保存したり、メールや SMS で送信したり、クラウドなどにエクスポートしたり、他のアプリに送ったりできます。

 

step 1カメラを向けてスキャン

スキャンしたい書類、レシート、名刺などを、対照的な色合いの背景に置きます。スキャン対象にモバイル端末のカメラを向けて、カメラを近付けたり離したりしながら、スキャン対象が青色の四角形として認識されるのを待ちます。

円形のカウントダウンタイマーが 1 周したら、スキャンは完了です。

iPhone でスキャン中の Scannable
 
 

step 2スキャン結果の確認

スキャンが完了すると、スキャン画像のサムネイルがスキャントレイに表示されます。サムネイルの一覧はスワイプして左右にスクロールできます。スキャントレイのサムネイルをタップすると、そのスキャン画像が拡大表示され、編集ツールを使って画像の回転、切り取り、復元、削除を行えます。

スキャンした画像を確認した後に、スキャンを続けるか、トレイの中を空にしてスキャンをやり直すかするには、「戻る」矢印をタップしてスキャントレイに戻ります。スキャンされた画像に満足の場合は、チェックマークをタップして承認します。

スキャン画像を表示中の Scannable

 
 

step 3送信と保存

画像が承認されると、以下が可能になります。

  • モバイル端末のカメラロールに直接保存する。
  • Evernote に直接保存する。
  • メールまたは SMS で送信する。
  • 互換性のあるその他のアプリで共有する。

注: Scannable の設定画面で、スキャン結果を画像と PDF のどちらで保存するのかを設定できます。デフォルト設定では、1 ページの場合は画像として保存され、複数ページの場合は PDF として保存されます。

Scannable で保存した画像の例

 

LANGUAGES_SUPPORT LANGUAGES_INCLUDE=tr,da,nl,fi,it,pt

ビデオ (%{current} / %{total}) を再生中
ビデオ (%{current} / %{total})