ノートブックの共有

ノートブックの共有

ノートブックの共有

Evernote では、自分のノートブックを他のユーザと簡単に共有できます。ノートブックを共有すれば、他の人に確認してもらったり、共同作業したりすることが可能です。

共有されたノートブック

共有ノートブックの活用例

  • グループプロジェクトの整理 – 議事録、ファイル、To-Do リストなど、すべてを 1 か所にまとめられます。
  • クリエイティブなアイデアの宝庫 – デザインに関するインスピレーション、記事、写真などを保存して、アイデア集を構築できます。
  • 出張のスケジュール – 旅程表、持物リスト、大事な連絡先などをまとめ、いつでも簡単にアクセスできます。

ノートブック全体ではなく、ノートを個別に共有する方法

 

ノートブック共有のさまざまな方法

  • ノートブックを特定のユーザ (複数人も可) と共有
  • 個人のノートブックをリンク (URL) として共有
  • 会社の Evernote Business アカウント内の全員とノートブックを共有

ノートブックを特定のユーザ (複数人も可) と共有する

ワークチャットでノートブックを共有する

ノートブックをワークチャットで共有する方法

  1. ノートブックリストを開き、共有するノートブックを選択します。
  2. ノートブック上にカーソルを移動すると表示されるワークチャット(矢印付きの吹き出しアイコン)ボタンをクリック(デスクトップの場合)、オプション(点線)ボタンをタップして「ノートブックを共有」を選択(iPhone・iPad・iPod touch の場合)、またはオプション(点線)メニューをタップして「共有」を選択します(Android の場合)。
  3. 権限レベルを「編集・招待が可能」「編集が可能」「閲覧が可能」のいずれかに設定します。
  4. メールアドレス (または連絡先) を選択し、メッセージを入力してから「送信」をクリックまたはタップします。

ワークチャットでノートブックを共有すると、相手はチャットから直接ノートブックを開き、すぐにチャットできるようになります。ワークチャット経由で共有されたノートブック (個人) を閲覧すると、そのノートブックは閲覧したユーザのアカウントに追加されます。ビジネスノートブックが共有された場合は、そのノートブックは次回同期した際に相手のアカウントに追加されます。

権限レベルを設定する

ノートブックで指定可能な権限

共同作業のためにノートブックに誰かを招待するときは、付与する権限を選択します。

  • 編集・招待が可能: この権限を付与されて招待されたユーザは、ノートの変更・追加、メールや公開 URL でのノートの共有、共有ノートブックへの他ユーザの招待ができます。
  • 編集が可能: この権限を付与されて招待されたユーザは、ノートの変更・追加、個別のノートのメールでの共有ができます。
  • 閲覧が可能: この権限を付与されて招待されたユーザは、共有ノートブック内のノートの閲覧ができます。

ノートブックの権限レベルを変更、または共有を中止する

自分が既に共有したノートブックに対する権限を確認・変更(共有の停止も含む)するには、ノートブックをノートブックリストから選択し、以下の手順に従います。

  • Mac

    ノートブックを右クリックし、共有設定を変更...を選択すると、権限レベルを確認・変更できます。

  • Windows

    ノートブックを右クリックし、共有設定を変更...を選択すると、権限レベルを確認・変更できます。

  • iPhone・iPad・iPod touch

    オプション(点線)ボタンをタップし、ノートブックの設定 > ノートブックの権限を選択すると、権限レベルを確認・変更できます。

  • Android

    ノートブックの横のオプション(点線)ボタンをタップし、共有設定の変更を選択すると、権限レベルを確認・変更できます。

  • Web

    ノートブックの見出し欄にある情報(i)ボタンをクリックし、共有設定の変更を選択すると、権限レベルを確認・変更できます。

個人のノートブックをリンク (URL) として共有する

Mac と Windows で利用可能

ノートブックはリンク (URL) として共有または公開できます。リンクを知っているユーザであれば誰でも、そのノートブックにアクセスできます。リンクは、たとえば、外部の関係者と共有したり、すべての顧客と共有したり、SNS 上で公開して不特定多数のユーザと共有したりできます。

個人のノートブックをリンクとして共有するには、以下の手順に従います。

  1. 個人のノートブックリストを開き、共有するノートブックを選択します。
  2. 当該のノートブックを右クリックして「ノートブックを公開...」 (Mac) または「共有設定を変更...」(Windows) を選択し、「公開」ボタンを選択します。

会社の Evernote Business アカウント内の全員とノートブックを共有する

ビジネスノートブックは、会社の Evernote アカウントに参加している全員と共有できます。共有すると、そのアカウント内のユーザなら誰でも共有されたノートブックにアクセスし、自分のノートブックリストに追加できるようになります。会社の Evernote アカウント内で個人のノートブックを共有する場合は、まずそのノートブックをビジネスノートブックに変換する必要があります。

詳細

以下のような、仕事に役立ちそうな情報をいろいろ共有しましょう。

  • 会社の連絡先、パートナー企業、顧客などのリスト
  • 社内の他のメンバーが参考にできそうなプロジェクト
  • 社内オリエンテーションの資料や書類

社内の全員がアクセスできるようにビジネスノートブックを公開するには、以下の手順に従います。

  1. ビジネスノートブックのリストから、公開するノートブックを選択します。
  2. Mac 版の場合はビジネスノートブックを control+クリックし、ノートブックを共有... > 社内全員に公開します。Windows 版の場合はビジネスノートブックを右クリックし、ノートブックの共有設定を変更... > 公開を選択します。iOS 版の場合はオプション(点線)ボタンをタップし、ノートブックの設定 > 社内で公開を選択します。Android 版の場合はノートブック名の横のオプション(点線)ボタンをタップし、公開をタップします。
  3. 当該のノートブックに説明文を追加します。説明文は、他のユーザがビジネスホーム画面上のノートブック一覧を閲覧する時に表示されます。
  4. チームのアクセス権を指定し、「公開」ボタンを選択してノートブックの共有を開始します。
    アクセス権は「閲覧が可能」「編集が可能」「編集・招待が可能」の 3 つから選択できます。また、たとえば、従業員用のハンドブックを社内全体で共有しながら、編集は人事部のメンバーのみが行えるようにする、といったように細かく設定することも可能です。

メモ: 特定のノートブックについて社内全体への公開を停止する場合は、会社のビジネス名の横に表示されている「X」マークを選択またはタップします。

その他のヒント

Evernote の共有機能とプレゼンテーション機能をさらに便利にする、以下のような機能も用意されています。

  • 共有ノートでの自動検出: 共有したノートを別のユーザが閲覧または編集している間は、そのユーザのプロフィール写真が表示されます。なお、Evernote では、複数のユーザが 1 つのノートを同時に編集することはできません。詳細
  • ノートブックの更新通知: 当該のノートブックを共有しているユーザは、そのノートブックに新規リマインダーが設定された際、Evernote アプリ内またはメールで通知を受けとるように設定できます。詳細

LANGUAGES_ALL LANGUAGES_EXCLUDE=vi,th,ms,ar,id

キーワード:

  • 共同作業
  • 共同作業
  • ハウツー
  • 参加
  • 参加中のノートブック
  • 共有
  • ノートブックを共有
  • ノートブックの共有
  • 共有中
  • 共有ノートブック
  • ノートブック共有数の上限
  • 共有
ビデオ (%{current} / %{total}) を再生中
ビデオ (%{current} / %{total})