Evernote Business ユーザ向け FAQ(よくある質問)

Evernote Business ユーザ向け FAQ(よくある質問)

Evernote Business ユーザ向け FAQ(よくある質問)

この記事のトピック:

  • 一般的な質問
  • チームの Evernote Business アカウントへの参加
  • チームの Evernote Business アカウントからの脱退
  • ビジネスノートブックの活用
 

一般的な質問

ビジネスノートブックとは何ですか?

Evernote Business のユーザは、ビジネスノートブックを作成し、アクセスすることができます。ビジネスノートブックは、見た目も使い勝手もごく普通の Evernote ノートブックですが、ビジネス向けの共有オプションを備えています。ビジネスノートブックを作成すると、その中にあるノートはすべて、チームの Evernote Business アカウントの一部になります。

職場の人間は誰しも、すべてのビジネスノートブックを見ることができるのですか?

同じ職場に属するユーザでも閲覧することができるのは、意図的に共有されたもの、ならびにビジネスホームに公開されているもののみです。新しいビジネスノートブックは既定では、ノートブックの作成者のみが閲覧できる非公開の状態です。ビジネスノートブックは、個々のユーザに共有することも、チーム全体に公開することもできます。アカウント管理者に限っては共有設定に関わらず、管理コンソールを使って、すべてのビジネスノートブックを閲覧・管理することができます。

注: 2017 年 10 月 3 日以降に作成された Evernote Business アカウントに属するユーザには、共有できない「アカウントノートブック」が用意されています。詳細 >>

ビジネスノートブックからビジネスノートを消去すると、どうなりますか?

削除するか個人のノートブックに移動するかして、ビジネスノートブックからビジネスノートを消去すると(2017 年 10 月 3 日より前に作成された Evernote Business アカウントのみ)、そのビジネスノートは「ゴミ箱(ビジネス)」に移動されます。Evernote Business のゴミ箱は個人のアカウントのゴミ箱と似ていますが、アカウントの管理者が管理コンソールを使ってしかゴミ箱を空にできない点が異なります。ビジネスノートを誤って削除してしまったり、削除したものの気が変わったりした場合は、ゴミ箱を開いて「復元」ボタンをクリックすることで、簡単に元に戻せます。

ビジネスノートブックを削除すると、どうなりますか?

ビジネスノートブックの削除は、ビジネスノートの削除とあまり変わりません。そのビジネスノートブックの中にある個々のノートはすべて「ゴミ箱(ビジネス)」に移動されます。任意のノートを復元するには、ゴミ箱を開き、復元するノートを選択(複数選択するには Shift を押しながらクリックします)してから、選択中のノートを復元をクリックします。ビジネスノートと同様に、アカウント管理者が管理コンソールを使った場合にのみ、ゴミ箱を空にしてビジネスノートブックを永久に削除することができます。

ビジネスホームとは何ですか?

ビジネスホームは、ノートブックをチーム全体が見られるように公開する場所です。ユーザは、そこにあるビジネスノートブックを閲覧し、必要に応じてビジネスノートブックを追加で公開することができます。ビジネスホームに公開すると効率的な情報としては、福利厚生の情報や、社内教育関連資料、または職場の複数の人が興味を示すと思われるプロジェクトの関連情報などが挙げられます。チームの Evernote Business ユーザであれば誰しも、ビジネスホームにビジネスノートブックを公開でき、また自分が公開したノートブックを消去できます。詳細 >>

チームの Evernote Business アカウントへの参加

今使っている Evernote アカウントは保持できますか? それとも新しいアカウントを作成する必要がありますか?

2017 年 10 月 3 日より前に作成された Evernote Business アカウントの場合:

既存の Evernote アカウントをお持ちの場合は、それを使ってチームの Evernote Business アカウントに参加することを強くおすすめします。個人のノートやノートブックは、ビジネスノートやビジネスノートブックとは隔てられ、プライベートの状態が保たれます。つまり、たとえ当該のユーザが職場を去ったとしても、アカウント管理者を含め誰も、そのユーザの個人のノートやノートブックにアクセスしたり管理したりすることはできません。

2017 年 10 月 3 日以降に作成された Evernote Business アカウントの場合:

既存の Evernote アカウントをお持ちだったとしても、チームの Evernote Business アカウントに参加するには、新しいビジネス用アカウントを作成してください。いずれの Evernote アプリでも、個人のアカウントとビジネス用アカウントの両方を追加して、簡単に切り替えることができます。詳細 >>

チームの Evernote Business アカウントに参加するには、どうすればいいですか?

チームの Evernote Business アカウントに参加する方法について詳しくは、こちらをご覧ください。

参加しようとしたら、ユーザ数の上限に達した、というメッセージが表示されました。どうすればいいですか?

チームの Evernote Business に参加できる最大ユーザ数に達した場合は、当該のアカウントの管理者にその旨が自動的に通知されます。最大ユーザ数が引き上げられた時点で、当該のアカウントの管理者から直接、あなたに連絡がいくはずです。

チームの Evernote Business アカウントに参加すると何が変わりますか?

Evernote アプリ自体には変わりはありませんが、いくつかの機能が追加されます。それにより:

  • ビジネスノートブックが作成できるようになります。
  • ビジネスホームにアクセスできるようになります。
  • アカウントの利用制限が更新されます。

チームの Evernote Business アカウントに参加すると、個人のノートやノートブックに何か変更はありますか?

いいえ、個人のノートおよびノートブックは、そのままの状態で残ります。

すでに Evernote プレミアム会員だった場合に、Evernote Business に参加すると、どうなりますか?

2017 年 10 月 3 日より前に作成された Evernote Business アカウントの場合:

1 年分の有料プラン(Evernote プラスまたは Evernote プレミアム)を購入し、有効期限が 1 ヶ月以上残っている場合は、Evernote Business の利用を停止した際に再び元のプランに戻れるコードをお送りします。同コードは、家族や友だち、または同僚などにプレゼントすることもできます。

2017 年 10 月 3 日以降に作成された Evernote Business アカウントの場合:

チームに参加する際は、新しいビジネス用アカウントを別途作成してください。それとは別の個人的な Evernote 有料プランについては維持するか、キャンセルするか、選択することになります。どちらの場合でも、チームの Evernote Business アカウントに参加すると、アカウント管理者から管理コンソール経由で 1 年間有効な Evernote プレミアムのコードを送ってもらうことができます。

チームの Evernote Business アカウントからの脱退

参加中の Evernote Business アカウントの利用を停止するには、どうすればよいですか?

ユーザの削除は、Evernote Business アカウントの管理者が管理コンソールの「ユーザの管理」ページで行います。Evernote Business アカウントのユーザでなくなったとたん、ビジネスホームやビジネスホーム上のビジネスノートブックだけでなく、自分が作成したビジネスノートブックにもアクセスできなくなる点に、ご注意ください。

チームの Evernote Business の利用を停止したり、アクセスを取り消されたりした場合は、私個人のノートやノートブックはどうなりますか?

チームの Evernote Business を脱退した場合、またはアカウント管理者によりアクセスが取り消された場合は、ビジネスホームやそこにあるすべてのビジネスノートブックのほか、自分が作成したビジネスノートブックにもただちにアクセスができなくなります。当該の Evernote Business が 2017 年 10 月 3 日より前に作成されたのであれば、ご利用の Evernote アカウントも Evernote Business から Evernote ベーシックに自動的に変更されます。その際も、個人のノートやノートブックには一切影響はありませんので、その点はご安心ください。

ビジネスノートブックの活用

ビジネスノートやビジネスノートブックは、職場以外の人たちとも共有できますか?

はい、ビジネスノートとビジネスノートブックは(アカウントノートブックを除きます)、個人のノートや個人のノートブックとまったく同じ方法で共有できます。ビジネスノートやビジネスノートブックの共有方法について詳しくは、ノートの共有ノートブックの共有に関する記事をご覧ください。

LANGUAGES_SUPPORT

キーワード:

  • Evernote Business
  • よくある質問
  • 登録方法
ビデオ (%{current} / %{total}) を再生中
ビデオ (%{current} / %{total})