個人の Evernote アカウントで SSO 認証(シングルサインオン)を設定する方法

個人の Evernote アカウントで SSO 認証(シングルサインオン)を設定する方法

個人の Evernote アカウントで SSO 認証(シングルサインオン)を設定する方法

会社の Evernote Business アカウントで SSO 認証(シングルサインオン)が有効化されると、以降は Evernote Business アカウントのコンテンツへアクセスするために SSO 認証でのログインが必要になります。

Evernote を初めて利用する場合

Evernote を初めて利用する場合は、会社の Evernote アカウントへ参加する前にEvernote アカウントを新規作成する必要があります。

会社の Evernote アカウントに参加していない場合

すでに Evernote を利用中で、まだ会社の Evernote アカウントに参加していない場合、アカウントをアップグレードして 会社の Evernote アカウントに参加するには、アカウント管理者からの招待状が必要となります。

招待状には、会社の Evernote アカウントに参加するためのリンクが記載されています。そのリンクを選択して「サインイン」を選択すると、SSO 認証を設定するための手順が開始されます。

SSO 認証のログイン通知

会社の Evernote アカウントに参加済みの場合

会社の Evernote アカウントに参加済みの場合は、SSO 認証を設定するために次のログイン情報が必要となります。

  • ユーザ名: 自分の LDAP(Lightweight Directory Access Protocol)ユーザ名で、通常はビジネス用メールアドレスです。
  • パスワード: 会社のネットワークにログインするためのパスワードです。

SSO 認証の設定でご不明な点がある場合は、Evernote アカウントの管理者か、会社の IT システム管理者にお問い合わせください。

 

Evernote for Mac

自分の Evernote アカウントにログインします(必要に応じて 2 段階認証の確認コードも入力します)。そして、次の手順に従います。

  1. SSO 認証を設定するように促すメッセージが表示されたら、「続行」を選択します。

    SSO 認証のログイン通知

  2. 支給されている SSO 認証のログイン情報を使用して、ID プロバイダ(Ping Identity、OneLogin、Okta など)にログインします。

    SSO 認証にログイン

  3. 必要に応じて 2 段階認証の確認コードを入力します。

    2 段階認証

  4. 最後の通知メッセージを閉じると、以降は会社の Evernote アカウントを通常どおり利用できます。

    SSO 認証に成功

 

Evernote for Windows Desktop

自分の Evernote アカウントにログインします。必要に応じて 2 段階認証の確認コードも入力します。そして、次の手順に従います。

  1. SSO 認証を設定するように促すメッセージが表示されたら、「続行」を選択します。

    SSO 認証のログイン通知

  2. 支給されている SSO 認証のログイン情報を使用して、ID プロバイダ(Ping Identity、OneLogin、Okta など)にログインします。

    SSO 認証にログイン

  3. 必要に応じて 2 段階認証の確認コードを入力します。

    2 段階認証

  4. 許可」を選択すると Evernote が起動し、以降は会社の Evernote アカウントを通常どおり利用できます。

    SSO 認証に成功

 

Evernote Web

自分の Evernote アカウントにログインします。必要に応じて 2 段階認証の確認コードも入力します。そして、次の手順に従います。

  1. SSO 認証を設定するように促すメッセージが表示されたら、「続行」を選択します。

    SSO 認証の通知

  2. 支給されている SSO 認証のログイン情報を使用して、ID プロバイダ(Ping Identity、OneLogin、Okta など)にログインします。

    SSO 認証にログイン

  3. 必要に応じて 2 段階認証の確認コードを入力します。

    2 段階認証

  4. 以降は、会社の Evernote アカウントを通常どおり利用できます。

    SSO 認証に成功

 

Evernote for iPhone、iPad、および iPod Touch

自分の Evernote アカウントにログインします。必要に応じて 2 段階認証の確認コードも入力します。そして、次の手順に従います。

  1. SSO 認証を設定するように促すメッセージが表示されたら、「続行」を選択します。

    SSO 認証の通知

  2. 支給されている SSO 認証のログイン情報を使用して、ID プロバイダ(Ping Identity、OneLogin、Okta など)にログインします。

    SSO 認証にログイン

  3. 必要に応じて 2 段階認証の確認コードを入力します。

    2 段階認証

  4. 最後の通知が一時的に表示され、Evernote のホーム画面に戻ります。以降は、Evernote Business アカウントを通常どおり利用できます。

    SSO 認証に成功

 

Evernote for Android

自分の Evernote アカウントにログインし、次の手順に従います。

  1. SSO 認証を設定するように促すメッセージが表示されたら、「続行」を選択します。

    SSO 認証の通知

  2. 支給されている SSO 認証のログイン情報を使用して、ID プロバイダ(Ping Identity、OneLogin、Okta など)にログインします。

    SSO login

  3. 必要に応じて 2 段階認証の確認コードを入力します。

    Two-step verification

  4. 先ほどの手順で SSO 認証にログインしなかった場合は、端末で「アカウント情報」ページを開き、「ビジネスにサインイン」を選択して SSO 認証にログインします。

    アカウント情報から SSO 認証にログイン

 

よくある質問

個人のノートやノートブックにアクセスするときも SSO 認証にログインする必要がありますか?

いいえ、必要ありません。SSO 認証にログインしていない状態でも、個人のノートやノートブックにはいつでもアクセスできます。SSO 認証へのログインが必要になるのは、ビジネスノートにアクセスする場合だけです。

SSO 認証が有効化された後、Skitch や Penultimate などの外部アプリからビジネスノートブックにノートを保存できなくなったのですが、これはなぜですか?

現時点では Evernote だけが SSO 認証をサポートしているため、ビジネスノートブックでノートの閲覧や保存を行うためには Evernote を使用する必要があります。Skitch や Penultimate など、SSO 認証をサポートしていないアプリを使用する場合、ノートの閲覧や保存は個人のノートブックだけで行うことができます。

SSO 認証が有効化されているかどうか確認する方法はありますか?

会社の Evernote アカウントで SSO 認証が有効化されると、通常はアカウントの管理者からその旨が通知されます。

通知を受け取っていない場合は、会社の IT システム管理者か Evernote アカウントの管理者にお問い合わせください。

Evernote を起動するたびに SSO 認証にログインする必要があるのですか?

いいえ、通常は必要ありません。アカウント管理者が SSO 認証を設定するとき、通常はユーザのログイン状態を何日間か継続させるように設定しています。この日数が経過するまでユーザのログイン状態は維持されます。

2 段階認証を設定している場合、SSO 認証はどのように動作しますか?

会社の Evernote アカウントで SSO 認証が有効化されても、2 段階認証を使用して個人のノートやノートブックにアクセスできます。

会社の Evernote アカウントに 2 段階認証が設定されている場合は、ビジネスノートにアクセスするために、もう一度 2 段階認証を行う必要があります。

LANGUAGES_ALL

キーワード:

  • SSO 認証を有効化
  • SSO 認証の設定
  • SSO のセットアップ
  • シングルサインオン
  • シングルサインオン
  • SSO
ビデオ (%{current} / %{total}) を再生中
ビデオ (%{current} / %{total})