表を作成して外観やレイアウトを変更する方法

表を作成して外観やレイアウトを変更する方法

表を作成して外観やレイアウトを変更する方法

Evernote では一般的な表を簡単に作成できます。また、表の外観やレイアウトを変更するための機能も用意されているので、表に対するほとんどのニーズを満たすことができます。

Mac における表の例

ノートに表を追加する

新しい表を作成するには、任意のノートを開いて次の手順に従います。

Evernote for Mac

Mac の表追加ツール

  1. 書式ツールバーで表のアイコンを選択します。
  2. 表のプロパティ...」を選択します。
  3. 表の列数、行数、枠の色と太さ、配列、セルの背景色を指定し、「OK」をクリックします。
 

Evernote for Mac では、表の背景色をセル単位で変更できます。表の外観を変更するには、任意のセルを右クリックして「表」>「表のプロパティ...」を選択します。

ヒント: 表はテキストの段組みにも使用できます。そのためには、表の枠の色を「スノー」または「ホワイト」に変更します。すると表の枠が見えなくなり、テキストが段組みで表示されているような外観になります。

Evernote for Windows Desktop

Windows の表追加ツール
  1. 書式ツールバーで表のアイコンをクリックします。
  2. オプション」を選択します。
  3. 表の列数、行数、幅を指定し、「OK」をクリックします。
 

Evernote Web

Evernote Web の表追加ツール
  1. 書式ツールバーで表のアイコンをクリックします。
  2. 「表のサイズを選択」ダイアログボックスをマウスでポイントすると、選択されたセルが緑色に変わります。マウスカーソルを動かして任意の列数と行数を選択した状態でクリックすると、表がノートに追加されます。
 

作成した表のセルには、ノートで使用可能なあらゆる種類のコンテンツを挿入できます。これには、チェックリスト、画像、添付ファイルへのリンクなどが含まれます。

 

表のレイアウトを変更する

現在、この機能は Evernote for Mac と Evernote for Windows で利用可能です。

表に挿入したコンテンツは、ノートに挿入した通常のコンテンツと同じ方法で書式設定や編集を行うことができます。また、表全体のレイアウトを変更したり、行や列を挿入または削除することもできます。

表のレイアウトを変更するには、次の手順に従います。

Evernote for Mac

  1. 表を右クリックします。

  2. 」を選択します。
  3. 表示されるメニューから任意のオプションを選択します。ここでは行や列を挿入または削除するか、表全体を削除することができます。

注: 列の幅を変更するには、列の枠線をマウスでクリックし、任意の幅にドラッグします。

Evernote for Windows

  1. 表を右クリックします。
  2. 表示されるメニューから任意のオプションを選択します。ここでは行や列を挿入または削除できます。
 

外部アプリケーションのスプレッドシートをプレビューおよび編集する

現在、外部アプリケーションのスプレッドシートを編集および保存する機能は、Evernote for Mac と Evernote for Windows で利用可能です。

Windows で外部スプレッドシートを編集

Evernote でスプレッドシートを直接プレビューおよび編集するには、次の手順に従います。

  1. スプレッドシートが添付されているノートを開きます。
  2. スプレッドシートのアイコンを右クリックします(なお、Evernote for Mac の場合は、アイコン内に表示されている目の形をした「クイックルック」ボタンを選択すると、スプレッドシートのプレビューをポップアップウィンドウで素早く表示できます)。
  3. 開く」または「このアプリケーションで開く」を選択します。
  4. スプレッドシートを表示して編集できる外部アプリケーションを選択します。

外部アプリケーションで行った編集は、ノートに添付されているスプレッドシートに反映および保存されます。

外部アプリケーションのファイルをノートに添付する方法の詳細はこちら

LANGUAGES_SUPPORT

キーワード:

  • 表を追加
  • 表を作成
  • 表をカスタマイズ
  • スプレッドシート
ビデオ (%{current} / %{total}) を再生中
ビデオ (%{current} / %{total})