Evernote が画像内の文字を検索可能にする、その仕組み

Evernote が画像内の文字を検索可能にする、その仕組み

Evernote が画像内の文字を検索可能にする、その仕組み

ご存じでしょうか? 写真を撮影した時や、ノートに画像ファイルを添付した時に、Evernote は手書きの文字を含む、ファイル内の文字を検出して認識します。

文字認識の仕組み

JPG、PNG、または GIF 形式のファイル内のキーボード入力された文字および手書きの文字は、Evernote のインデックス化システムにより評価されます。対象となるのは、以下のいずれかの向き(± 2 ~ 3 度)で書かれた文字です。

  • 0° – 通常の横書き文字
  • 90° – 縦書き文字
  • 270° – 縦書き文字

斜めに書かれた文字や逆さまの文字を含め、上記にあてはまらない文字は無視されます。画像ファイルがインデックス化されると、複数の結果が戻される場合があります。たとえば、インデックス化システムが、ある単語を検出して、それを「cat」、「bat」、または「3at」のいずれかと判断するような場合です。

文字、特に手書きの文字が検出され、インデックス化される確率を高めるには、以下のガイドラインを参考にしてください。

  • 手書き文字を含む画像を Evernote に追加する際は、PDF ではなく JPG 形式のファイルとして追加します。PDF ファイルは、キーボードで入力した文書や、活字の印刷されたスキャン文書に適した形式です。PDF ファイル内の手書き文字はインデックス化されません。
  • 手書き文字が読みやすければ読みやすいほど、検索可能なように正確にインデックス化される確率が上がります。読みづらい筆跡だと、Evernote もそれが何と書いてあるのか読み取るのに苦労をします。
  • 繰り返しになりますが、Evernote は読み取った単語について、可能性のある結果を複数戻します。たとえば、ある JPG ファイルに「flat」と書いてあったとしたら、「flat」、「float」、そして「fiat」とインデックス化される場合があります。

Evernote は現在、キーボード入力された文字については 28 言語、手書きの文字については11 言語に対応しています。該当する言語はインデックス化に先駆けて、「アカウント設定」の「文字認識に使用する言語」で選択することができます。

Evernote の画像認識に関する詳細はこちら

  • レストランのメニュー(テイクアウトのメニュー含む)の写真を撮り、今後の参考に Evernote アカウントに収集。
  • ワインやビールのラベルの写真を撮り、飲んだ感想を記録。
  • ギフトカードやクーポンの写真を撮り、ちょっとしたヘソクリを整理。
  • 手書きの誕生日カードの写真を撮り、いつでもあたたい気持ちに。
  • 保証書や取扱説明書など、紙面の大事な情報の写真に撮り、デジタルに保存。

LANGUAGES_SUPPORT LANGUAGES_EXCLUDE=sv,da,fi,nl,pl,th,vi,ar

キーワード:

  • 文字検索
  • 文字の検索
  • 画像ファイル内の文字
  • インデックス
  • 画像のインデックス化
  • OCR
  • 画像認識
  • 文字認識
  • 画像のインデックス化
  • 手書き文字
  • 手書き
ビデオ (%{current} / %{total}) を再生中
ビデオ (%{current} / %{total})