メモをとる

メモをとる

メモをとる

ノートとは、その名が示すとおり、後で必要になりそうな情報を書き留めたものです。ノートには、あらゆる種類のコンテンツを保存しておくことができます。

ノートのサンプル

ノート作成の様々な方法

ノートに含められるコンテンツの種類に制限は特にありません。いくつかの例を挙げます。

  • ミーティング中に入力した文章、手書きしたメモ、録音した音声などを保存できます。
  • 写真や PDF に注釈を書き込み、支社や現場などの離れた場所にいる同僚と効果的に意思疎通できます。
  • 新しいアイデア、デザイン、記事などのインスピレーションの元になるような写真を保存できます。
  • ミーティングのホワイトボードやポスト・イット® をカメラで撮影し、その写真をノートに追加できます。
  • スキャンした契約書、法的文書、レシート、名刺などを保存できます。
  • ノートはコンピュータ、スマートフォン、タブレット端末で作成し、後からいつでも参照可能になります。

コンピュータでノートを作成

モバイル端末でノートを作成

 

テキストノートを作成

  • Mac

    手順 1: ノートを作成

    1. 左サイドバーから「ノート」メニューを選択します。
    2. + {既定のノートブック名} 内にノートを作成」ボタンをクリックします。
    3. 後で探しやすいようにノートにタイトルを付けます。
    4. ノート内をクリックし、カーソルが表示されたら、テキストを入力します。
  • Windows

    手順 1: ノートを作成

    1. 左サイドバーで「ノート」を選択します。
    2. 画面上部の「+新規ノート」ボタンを選択します。
    3. 後で探しやすいようにノートにタイトルを付けます。
    4. ノート内をクリックし、カーソルが表示されたら、テキストを入力します。
  • iPhone・iPad・iPod touch

    手順 1: ノートを作成

    緑色の「+」ボタンをタップしてノートを作成します。

  • Android

    手順 1: ノートを作成

    緑色の「+」ボタンをタップしてノートを作成します。

  • Web

    手順 1: ノートを作成

    サイドバーの「+」ボタンをクリックしてノートを作成します。

注: ビジネスノートは、お勤めの会社に帰属します。個人のノートは、非公開のままであり、退職しても自分のアカウントに残ります。

ノートに違う種類のコンテンツを追加する

編集するためにノートを選択またはタップすると、ノートエディタに利用可能なオプションが表示されます。

  • ファイルを添付する(どのファイル形式でも可)

  • チェックボックスを追加する

  • 箇条書きリストおよび番号付きリストを追加する

  • カメラロールから写真を追加する

  • カメラまたは Web カメラで写真を撮る

  • 音声を録音する

ノートを編集する

自分で作成したノートと、他のユーザから「編集可能」または「編集・招待が可能」の権限で共有されたノートは編集できます。

テキストを編集する

ノートのテキストを編集するには、開いたノートのどこかをクリックし、カーソルが表示されたら編集を開始します。Evernote ではノートは定期的に Evernote Web に同期されますが、円を描いている矢印のアイコンを選択すれば、いつでも手動でノートを同期できます。

ノートを削除する

Mac の場合: Evernote メニューバーの「ノート」>「ノートを削除」を選択するか、ノートの上部に表示されているゴミ箱のアイコンを選択します。すると、ノートが「ゴミ箱」ノートブックに移動されます。詳細はこちら

スタイルとレイアウトをカスタマイズする

以下のようなツールを活用することで、ノートの書式やレイアウトを変更できます。

  1. テキスト書式ツール: テキストに太字、斜体、下線を適用できます。
  2. 蛍光ペンツール: 選択したテキストを強調表示できます。
  3. リストツール: チェックリスト、箇条書きリスト、番号付きリストを作成できます。
  4. レイアウトツール: 表や罫線を挿入したり、テキストの配置を調整したりできます。

注: Evernote メニューバーで「ファイル」>「取り消す」を選択すると、直前に行った書式変更を元に戻せます。「ファイル」>「やり直す」を選択すると、直前に取り消した書式変更を再び適用できます。

Mac formatting tools hero image

その他のヒント

ノートの編集のさらなるヒントにつきましては、以下をご参照ください。

  • チェックリスト: チェックリストでタスクもしっかり管理できます。詳細
  • リマインダーを作成してタスクを管理: リマインダーを活用すれば、締切などの時間的な制約があるノートを忘れずに追跡したり、予定しているタスクやイベントのアラートを受信したりできます。 詳細
  • ノートの注釈: ノートや画像、または PDFに線、図形、矢印などを使ってコメントすれば、共同作業のときに分かりやすくフィードバックを交換できます。詳細
  • メールを Evernote に転送: 注文確認、旅の予約、メールマガジンなどのメールを Evernote アカウントに直接転送できます。詳細
  • 名刺のスキャン: ScanSnap Evernote Edition で名刺をスキャンすると、スキャン結果を Evernote に保存するだけでなく、名刺に記載されている情報を抽出して、LinkedIn のプロフィールを検索できます。このスキャナでレシートや文書などをスキャンすると、スキャン結果が適切なノートブックに自動的に保存されます。詳細
  • Evernote クリッパー: 画面に表示されているあらゆるコンテンツのスクリーンショットを、メモを付けて 1 つのノートに保存できます。詳細
  • Web クリッパー: Web ブラウザに表示されているページの一部または全体をクリップして保存できます。保存したコンテンツは、注釈をはじめ編集したり、共有したりできます。詳細

LANGUAGES_ALL LANGUAGES_EXCLUDE=vi,th,ms,ar,id

キーワード:

  • ノートの作成
  • 新規ノート
  • メモの追加
  • メモをとる
  • ノートを書く
ビデオ (%{current} / %{total}) を再生中
ビデオ (%{current} / %{total})