Evernote Business クイックスタートガイド

Evernote Business クイックスタートガイド

Evernote Business クイックスタートガイド

Evernote Business を 4 つのステップで簡単にはじめましょう

  1. Evernote Business アカウントを作成する
  2. 組織全体に公開するスペースを作成してコンテンツを追加する
  3. Evernote Business にユーザを招待する
  4. スペースを共有する

Evernote Business のチームへの導入方法に関する詳細は、Evernote Business 導入ガイドをご覧ください。

1. Evernote Business アカウントを作成する

チームのために Evernote Business アカウントを作成する手順:

  1. Evernote Business の Web サイトにアクセスして、登録へ進むボタンをクリックします。
  2. 名前(フルネーム)、事業者名、ビジネス用メールアドレス、アカウントのパスワードを入力します。

すでに Evernote アカウントをお持ちで、そのアカウントで使用しているビジネス用メールアドレスを新しい Evernote Business アカウントで使おうとした場合、既存アカウントのメールアドレスを変更するよう促すメッセージが表示されます。メッセージに従ってログインし、既存アカウントに別の個人用メールアドレスを設定してください。これにより、新しい Evernote Business アカウントでビジネス用メールアドレスをご利用いただけます。

詳細はこちら >>

2. 組織全体に公開するスペースを作成してコンテンツを追加する

以下はスペースに追加できるコンテンツの例です。

  • プロジェクトの工程
  • Web クリップや記事
  • 写真
  • 作成中の原稿
  • 予算管理のためのスプレッドシート
  • アクションアイテムを記載した議事録

ミーティングでは、Evernote モバイルアプリのカメラ機能を使ってホワイトボードの写真を撮影しておきましょう。ミーティング中に出されたアイデアを、プロジェクトの情報や関連資料と一緒に Evernote に保存しておけば、後から検索するのも簡単です。スペースに追加できるコンテンツの詳細 >>

3. Evernote Business にユーザを招待する

Evernote Business アカウントへの参加を促す招待状は管理者コンソールから送ります。

  1. 左側のメニューからユーザの追加をクリックします。
  2. 招待するユーザそれぞれのビジネス用メールアドレスを入力します。
  3. 招待状を送信する準備ができたら、招待をクリックします。

Evernote Business アカウントに参加する方法が記載された招待状がそれぞれにメールで送信されます。

4. スペースを共有する

スペースをいくつか作成したら、 スペースディレクトリに掲載することで社内の他のユーザに共有することができます。ユーザは、掲載されたスペースに参加した後にスペース内のすべてのコンテンツを閲覧できるようになります。

注: アカウント管理者とノートブックの所有者は、さらに「編集」または「編集と招待」の権限を任意のユーザに付与することができます。

ヒント: 従業員は通常、会社の情報の公開に際しては社内で定められた方針に従うように求められます。社外のユーザとメールや公開リンク(URL)でビジネスノートを共有するときは、そうした方針を確認し、十分理解したうえで行うようにしてください。アカウントの管理者は、各ユーザと各ビジネスノートブックに対する権限を閲覧・管理することができます。

便利な参考情報

Evernote Business の設定方法や使用方法に関する詳細は、下記の情報をご覧ください。

LANGUAGES_ALL

キーワード:

  • アカウント管理者
  • ビジネス管理者
ビデオ (%{current} / %{total}) を再生中
ビデオ (%{current} / %{total})