タグと保存された検索の違いは何ですか?

タグと保存された検索の違いは何ですか?

タグと保存された検索の違いは何ですか?

タグと保存された検索結果は区別が困難かもしれません。この記事の目的は、それぞれの機能と活用法を説明することです。

タグは、ノートに適用できる任意のテキストです。例えばスープのレシピを含むノートがある場合「レシピ」や「スープ」というタグを割り当てることができます。各ノートにタグを 100 個まで付けることができますが、全く付けなくてもかまいません。タグは、ノートを分類して整理する方法の一つです。

保存された検索は、検索用語を入力し直したり、必要なフィルタリングオプションを選択する必要なしに、簡単に同じ検索を何度も実行できるように設計されています。例えば、以下のような検索を見てみましょう。

notebook:レシピ tag:スープ チキン

この検索を発行すると「レシピ」ノートブック内にある「スープ」のタグが付き「チキン」という単語が含まれたすべてのノートが返されます。この検索を定期的に行う場合「チキンスープ」という名前でこの検索条件を保存することができます。以降この検索を実行するには、Evernote のアプリケーションで「チキンスープ」をクリックするだけで、手動で検索用語を入力した場合と同じノートが表示されます。

保存された検索機能の機能を、タグを使用して部分的に再現することはもちろん可能です。ただし複雑な検索には、保存された検索がはるかに優れています。これはEvernote の検索文法おのすべてを自由に使えるためです。保存された検索はさらに、与えられた条件に一致するすべてのノートを見つけられます。これには保存された検索後に作成されたノートも含まれます。タグ付けは、ユーザが簡潔にノート内の情報を説明し、似たノートをグループ化するための柔軟な方法です。

LANGUAGES_SUPPORT

キーワード:

  • 検索
ビデオ (%{current} / %{total}) を再生中
ビデオ (%{current} / %{total})