ファイアウォールまたはプロキシサーバ経由で Evernote に接続

ファイアウォールまたはプロキシサーバ経由で Evernote に接続

ファイアウォールまたはプロキシサーバ経由で Evernote に接続

継続する前に、アプリケーションメニューでアップデートをチェックし、デスクトップクライアントの最新バージョンを使用していることをご確認下さい。

Evernote 同期のためにインターネットに接続しようとする際、OS のデフォルトブラウザのインターネット設定が使用されます。これらの設定が正しく構成されていることを最も楽に確認するには、Mac OS X の Safari または Windows の Internet Explorer で、以下の 2 つの URL を訪問します。

Evernote Web サービスへの接続には、TCP ポート 80 および 443 が使われるため、このポート両方が Evernote アプリケーションからアクセス可能な必要があります。Web ブラウザを介して上記どちらの URL にもアクセスできない場合、Evernote デスクトップアプリケーションの同期はできない可能性が高くなります。

オフィスで同期できない場合、会社の IT セキュリティポリシーによって Evernote のようなサービスへのアクセスが許可されていない可能性があります。不明な場合は会社の IT 部門までご連絡下さい。

うまくいかない場合(上記の URL にアクセスでき、オフィスのネットワーク内から Evernote にアクセスしていない場合)は、サポート依頼を送信して下さい。依頼の前に、Evernote のアクティビティログのコピーを取得する必要があります。ログはサポートスタッフが問題を診断する際に役立ちます。このファイルをコピーするには「ヘルプ」> 「アクティビティログ」をクリックし「別名で保存」を選択します。サポート依頼を送信する際、保存したファイルを添付して下さい。

LANGUAGES_SUPPORT

ビデオ (%{current} / %{total}) を再生中
ビデオ (%{current} / %{total})