ワークチャットの基本操作

ワークチャットの基本操作
< 戻る / 次へ >

ワークチャットの基本操作

ワークチャットにより、コミュニケーションと共同作業の両方が Evernote 内で行えます。ワークチャットでは、たとえ相手が Evernote を利用していなくても、ノートやノートブックを共有し、意見を交換することが可能です。

チーム内のメンバーにノートを共有すると、そのノートを誰が現在閲覧・編集しているのかを確認できるだけでなく、その閲覧中または編集中の相手と即座にチャットを開始できます。

 

ワークチャットを開始する 3 つのステップ:

ステップ 1 ラベル

新しいワークチャットを作成する

 
 
スクリーンショット: ワークチャットのアイコン (iOS)

相手を選択(複数可)してワークチャットを開始します。

1. コンピュータまたは携帯端末のワークチャットのボタンを選択します。

  • Mac・Windows

    The new Evernote for Mac and Windows: Select Work Chat from the navigation menu, then click the New Chat button (pencil in a square).

    以前のバージョンの Mac・Windows: Evernote のツールバーから「新規チャット」を選択します。

  • iPhone・iPad・iPod touch

    新しい Evernote for iOS: 画面左下の 3 本線のアイコンをタップしてメニューを開き、「ワークチャット」をタップして、「新規チャット」ボタン(四角に鉛筆のアイコン)をタップします。

    以前のバージョンの Evernote for iOS: 「アカウント」タブを開き、「ワークチャット」を選択し、緑色のプラスボタン(+)をタップします。

  • Android

    ナビゲーションメニューから「ワークチャット」を選択し、新規チャットをタップします。

  • Web

    「ワークチャット」ボタン(矢印付きの吹き出しアイコン)を選択し、リストの右上にあるワークチャットのボタンをクリックします。

    注: Evernote Web の古いバージョンでのみ利用可能です。新しい Evernote Web はワークチャットに対応していません。

2. 相手のメールアドレス(複数可)を入力し、送信を選択します。

 
 

ステップ 2 ラベル

ワークチャットでノートを共有する

 
 
スクリーンショット: ワークチャットでの共有

ワークチャットでノートを個別に共有するには

  1. ノートリストからノートを選択します。
  2. 共有(Mac・Windows)を選択、または共有ボタン(Android・iOS)をタップします。
  3. 他の人を招待」を選択して(新しい Evernote for iOS)、権限レベルを「編集・招待が可能」、「編集が可能」、「閲覧が可能」に設定します。
  4. 受信者を最低 1 人選択し、メッセージを入力してから送信をクリックまたはタップします。
 
 

ステップ 3 ラベル

共有したノートを閲覧中のユーザを確認する

 
 
ワークチャットを閲覧中のユーザ

他のメンバーにノートを共有した後は、そのノートを誰が現在閲覧・編集しているかが分かります。

 

LANGUAGES_PRODUCT

キーワード:

  • チャット
  • 共同作業
  • 編集と招待
  • 権限
  • チャットの送信
  • メッセージを送信
  • ノートを共有
  • ノートの共有
  • 閲覧と編集
  • ワークチャット