同時共同編集機能

同時共同編集機能により、複数のユーザが同時にノートを編集できるようになりました。知識やアイデアの共有、計画の作成をリアルタイムで関係者全員と行えます。

  • 他にユーザと一緒にブレインストーミング。スケッチ、写真、添付ファイル、録音などでアイデアを集めて整理できます。
  • プロジェクトとチームを管理。タスク機能を使用して業務を割り振ったり、タスクを管理したり、期限や成果物、マイルストーンを追跡したりできます。
  • ミーティングの生産性アップ。議事録の作成や、関係者からのアイデア集めと議事録への追加、アクションアイテムの割り当てをすべてリアルタイムで行えます。

注:同時共同編集機能は、最新版の Evernote for Mac、Evernote for Windows、Evernote Web(バージョン 10.56以降)、および最新版の Evernote for iOS、Evernote for Android(バージョン 10.51以降)でのみご利用いただけます。同時共同編集機能は以前のバージョンの Evernote アプリや iOS 14 以前ではご利用いただけません。この機能を最大限に利用するには、共同編集者それぞれが最新版の Evernote を利用する必要があります。

ノートで共同作業

まず始めに、ノートを新規作成するか既存のノートを開いて他の Evernote ユーザと共有します。ノートの編集権限を持っており、同時共同編集機能に対応するバージョンの Evernote を利用しているユーザであれば同時に編集が可能です。

共有したノートの権限を表示または編集するには、共有ノートの権限を編集するをご覧ください。

共有ノートでは、現在同時にノートを閲覧しているユーザのアバターやカーソルがそれぞれに割り当てられた色で表示されます。

データの損失を防ぐため、PDF、画像、スケッチ、暗号化されたセクションは一度にお一人しか編集できません。ただし、これらのコンテンツが編集中でも、他のユーザがノートの残りの部分を編集することは可能です。

ノートを閲覧しているユーザを確認する

ノートエディタの上部にノートを閲覧しているユーザのアバターが 5 つまで表示されます。アバターを囲う丸の色がユーザに割り当てられた色を示します。

アバターにカーソルを合わせるかタップすると名前が表示されます。同時に編集しているユーザ全員を確認したい場合は「+ 数字」アイコンをクリックするかタップします。グレー表示になっているアバターは、対象のユーザが 10 分以上ノート内で操作を行っていないことを示します。

ノートを編集しているユーザを確認する

ノート内のユーザのカーソルに移動して、どんな作業を行っているか確認するには、そのユーザのアバターをクリックまたはタップします。各ユーザに割り当てられた色と同じ色のカーソルがノートの本文に表示されます。

ノートの本文で、ノートの一部にカーソルを合わせると、その部分を編集しているユーザの名前が表示されます。リアルタイムで編集が行われるため、編集中の内容のすぐ上に編集しているユーザの名前が表示され、編集中の内容はそのユーザに割り当てられた色でハイライトされます。

よくある質問

同じユーザに対して複数のアバターが表示されるのはなぜですか?

ノート内のユーザ全員にアバターが割り当てられるのと同時に、ノートを閲覧または編集している各端末にもアバターが割り当てられるためです。

ノートを 2 台の端末で編集していますが、アバターは 1 つしか表示されません。なぜですか?

他の共同編集者には、あなたのアバターが 2 種類表示される可能性がありますが、自分が作業している端末のアバターを自分で確認することはできません。ノートを 2 台目の端末で開いている場合も、その端末のアバターのみが表示されます。

共有ノートを編集したいメンバーの一部に「同時共同編集機能が無効になりました」というメッセージが表示されますが、なぜですか?

ユーザが同時共同編集機能がサポートされていない以前のバージョンの Evernote を使用してノートを編集しようとすると、同時共同編集機能は無効になります。この場合、最新バージョンの Evernote を使用しているユーザは引き続きノートを編集できますが、各ユーザが加えた変更が反映されるのは以前のバージョンの Evernote を使用しているユーザがノートを閉じた後になります。

同時共同編集機能の無効化を防ぐには、以前のバージョンの Evernote を使用しているユーザに最新バージョンの Evernote にアップデートしてもらうのが一番です。

各ユーザが最新バージョンの Evernote を使用していると、よりシームレスにノートを共同編集でき、編集内容がリアルタイムで反映されます。

最後にノートを編集したユーザを確認することはできますか?

最後にノートを編集したユーザを確認することはできませんが、ノート履歴を使用して以前のバージョンのノートを確認することは可能です。

ノートへの変更内容を戻すことはできますか?

Evernote の有料プランをご利用のお客様は、ノート履歴を使用することで、以前のバージョンのノートを閲覧したり、エクスポートしたりできます。

その後、復元されたバージョンをアカウントにインポートすることもできます。インポートしても現在のバージョンのノートが上書きされたり、変更されたりすることはありません。詳細については、ノート履歴から古いバージョンのノートを表示するをご覧ください。

同時に共有ノートを編集または表示できるユーザは何人までですか?

編集権限を持つユーザ 50 人までが同時に共有ノートを編集できます。すべての編集をリアルタイムで保存・マージするには、ノートを編集するユーザ全員が同時共同編集機能に対応しているバージョンの Evernote を使用する必要があります。

50 人以上のユーザがノートを閲覧または編集しているときは、誰かがノートを閉じるまで、そのノートで行われた最近の変更を、その他のユーザがリアルタイムで閲覧することができなくなります。

Evernote アカウントを持っていない人と同時共同編集機能を使用することはできますか?

いいえ、共同編集者全員が Evernote アカウントを持っている必要があります。

公開リンクで共有されたノートで同時共同編集機能を使用することはできますか?

公開リンクで共有またはアクセスされたノートのアクセス権限は、デフォルトで「閲覧のみ」に設定されるため、このようなノートで同時共同編集機能を使用することはできません。同時共同編集機能を使用するには、ノートの所有者がリアルタイムで共同編集を行いたい相手に編集者権限を明確に付与するかたちでノートを共有する必要があります。

LANGUAGES_PRODUCT

キーワード:

  • 同時共同編集機能
  • 同時編集
  • 共有ノート
  • ノートを同時に編集

更新

この記事は役に立ちましたか?

1677人中1472人がこの記事が役に立ったと言っています

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください