外出先での生産性を高める Evernote の活用方法

外出先での生産性を高める Evernote の活用方法

外出先での生産性を高める Evernote の活用方法

移動時間を無駄にしない 5 つのヒント

得意先まわり、会議中、イベント先、通勤中など、外出先で生産性を維持するのは難しいものです。しかし Evernote なら、どこにいても、たとえインターネットに接続できないときでも、プロジェクトを始めたり途中だった作業を片付けたりできます。外出中の時間を有効活用してタスクが溢れかえるのを防ぎましょう。

1. Evernote をすべての端末にインストールする

スマートフォン、タブレット、自宅のパソコン、職場のノートパソコンなど、お使いのすべての端末に Evernote をインストールしておきましょう。そうすれば、思いついたアイデアをすべてノートに記録し、必要なときにどこからでもノートにアクセスできます。

2. 既定のノートブックを一時保管先にする

外出先では、議事録、レシピの写真、Web クリップ、音声の録音など、あらゆるノートをとりあえず既定のノートブックに保存する習慣を付けましょう。既定のノートブックは Evernote アカウント登録時にすでに作成されています。このノートブックを一時保管先として利用することで、ノートを作成するたびにどこに分類するか考える手間が省けます。あとで自宅や職場に戻ってから、必要に応じて移動しましょう。

使いこなしのヒント

既定のノートブックの名前を「*受信トレイ」「-未整理」のように自分にとって分かりやすい名前に変更し、頭にハイフン(-)やアスタリスク(*)を付ければ、ノートブック一覧の先頭に表示されるので便利です。

3. オフラインでも作業する

Evernote ではすべてのノートとノートブックがクラウド上に保存されるため、インターネットに接続したどの端末からでもアクセスすることができます。外出先でインターネット接続が不安定なときや接続できないときにアクセスするには、タブレットやスマートフォンでオフラインノートブックを設定しておきましょう。オフラインで作業した内容は、次回インターネットに接続したときにクラウドに同期され、他の端末にも表示されるようになります。どこにいても作業を中断する必要はありません。ご注意: Evernote for Mac・Windows ではオフラインノートブックを設定する必要はありません。Evernote にログインさえしていれば、オフラインでも通常どおりに作業できます。オフラインで作業した内容は次回インターネット接続時に同期されます。

使いこなしのヒント

オフラインノートブックをショートカットに登録しておきましょう。そうすれば航空券やホテルの予約確認メール、イベントの eチケット、ショップのクーポンなどを保存したノートに、出先ですぐにアクセスできます。

4. 重要なノートへのショートカットを作成する

ショートカットを使えば、スマートフォンやタブレットからタップ一つで重要な情報にアクセスできます。ショートカットの作成は簡単で、すべての端末で同期されます。よく使うノート、ノートブック、タグ、保存した検索条件をショートカットに追加しておきましょう。

使いこなしのヒント

ToDo リストを効率よく片付けるために、「要対応」や「完了済み」というタグを作成してタスクを記載したノートに付けるようにしましょう。これらのタグをショートカットに追加しておけば、どのタスクに対応する必要があるかすぐに分かります。

5. ノートのセキュリティを強化する

モバイル端末でノートやノートブックにアクセスする場合は、セキュリティを強化しておくと安心です。Evernote では、アカウントの 2 段階認証だけでなく、端末のパスコードと Touch ID(指紋認証)もご利用いただけます。すべてのセキュリティオプションを有効にすることをお勧めします。これらのオプションはノートを暗号化するものではありませんが、万が一端末が盗まれたり紛失した場合でも、コンテンツにアクセスされてしまう可能性を大幅に軽減できます。

参考情報

LANGUAGES_ALL LANGUAGES_EXCLUDE=vi, th, ms, ar, id

ビデオ (%{current} / %{total}) を再生中
ビデオ (%{current} / %{total})