Evernote for Slack アプリの権限について

Evernote for Slack アプリの権限について

Evernote for Slack アプリの権限について

Evernote for Slack をチームで利用すると、Slack で重要なノートを共有したり、Slack からアイデアや会話を Evernote に直接保存したりできます。詳細はこちら >>

Evernote は Slack アカウントから複数の権限を必要とします。実行する操作の説明は、Evernote と Slack のアカウントの接続を承認する時の画面に記載されています。必要な権限に関する詳細は以下のとおりです。

権限

理由

@evernote bot

Evernote bot が時々、プライベートメッセージを送信することを許可します。例えば操作ヒントを提供したり、問題が発生したことをお知らせしたり、追加で入力を要求したりします。

Add slash commands

各種タスクを実行するためのスラッシュコマンドの実装を許可します。

Access your private channels, public channels, and direct messages

メッセージを Evernote にクリップ保存するために、メッセージ履歴へのアクセスを許可します。

Access information about your private channels, public channels, and direct messages

ノートのタイトルを出力するために、メタデータ(例: タイトル)へのアクセスを許可します。

Send messages on your behalf

ユーザが明示的に指示された場合に、ユーザの代理で Evernote のノートを Slack のチャンネルに投稿することを許可します。

Access the team’s emoji

メッセージを Evernote にクリップ保存する際に、カスタムの絵文字を正しく出力するためにそれら絵文字へのアクセスを許可します。

Access the team’s files, comments, and associated information

添付ファイルを含むメッセージを Evernote にクリップ保存する際に、添付ファイルをダウンロードすることを許可します。

View some URLs and add link previews in messages

チャンネル上に投稿したノートリンクから、ノートをプレビュー表示することを許可します。

Access the team’s profile information

チームのドメインを認識し、Slack メッセージへのパーマリンクを生成することを許可します。

Access your workspace’s profile information

メッセージを Evernote にクリップ保存するために、公開のユーザや bot の名前にアクセスすることを許可します。

LANGUAGES_SUPPORT

ビデオ (%{current} / %{total}) を再生中
ビデオ (%{current} / %{total})