概要

Evernote の SCIM(スキム)はオープンスタンダードである「System for Cross-domain Identity Management」に基いており、Evernote Teams アカウント管理者によるサードパーティの ID プロバイダを利用したプロビジョニングおよび ID データの管理を可能にします。なお、SCIM は アップデートされた Evernote Teams アカウントのみに対応しています。予めご了承ください。

SCIM の設定

Evernote Teams アカウントにおける SCIM の設定手順は以下のとおりです。

  1. シングルサインオンを有効にします
  2. 管理コンソールの「SCIM」メニューを開き、「トークンを生成」リンクをクリックして bearer token を取得します。注: トークンはすぐにコピーする必要があります。次回この画面を開いた時には表示されなくなります。
  3. ご利用の ID プロバイダにサインインし、SCIM 機能を追加または有効化します。
  4. ご利用の ID プロバイダが対応している SCIM プロトコルのバージョンを確認してから、SCIM を V1 または V2 のベース URL で設定してください:
    • SCIM 1.1 プロトコル: https://m1.svc.evernote.com/scim/v1/
    • SCIM 2.0 プロトコル: https://m1.svc.evernote.com/scim/v2/

注意点

  • ユーザが利用停止(無効化)となっても、Evernote から削除されることはありません。SCIM サーバへの削除リクエストは無視されます。
  • ユーザは無効化されると、SCIM 経由で再度有効にすることはできません。
  • 無効化されたユーザと同じユーザ名を使用して新規ユーザを作成することはできません。

LANGUAGES_PRODUCT

更新

この記事は役に立ちましたか?

5人中1人がこの記事が役に立ったと言っています

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください